上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校交流というイベントに参加した。
そこで、スリランカの民族衣装「サロマ」を着ることに。

サラサラの生地で、非常に薄く軽い。
最大の特徴は「ズボンじゃない」ところ。
筒状の布に入って、折りたたんで留めるもので、スカートみたいな感じなのだ。

一部の人はご存知なのだが、実は自分は女装の経験がある。
しかも公式の場、友達の結婚式に女装して参列したのだ。
ピンクのワンピースにラメラメの白いストッキング(肌処理済)
しっかりヅラもつけ、会場入りから終了までその格好。
余興もやってしまった。
リズム感皆無の振り付けをしながら、松田聖子の「大切なあなた」を歌う・・・と聞くに堪えないので、振り付けだけして、口パク。
歌は見えないところで上手な人に歌ってもらうというもの。
ご両家からは非常に好評で、知らない方々とたくさんの写真に納まった。
自分の女装姿自体も好評(!?)で、結構褒められた。
理由はどうあれ、褒められるとうれしくなるのだから、単純なものである。

今回、自分は「サロマ」を着たが、一緒に行ったRノーナ・春ノーナは「サリー」という民族衣装を着た。
これが非常にかっこいい。(2人のモデルの良さも大きく影響している)
あまりのかっこよさに、2人は訓練所の中を歩いているだけで注目の的だった。

(これはちょっと着てみたい・・・)

講師のMノーナに話してみたら、そんなことはスリランカでやると白い目で見られるとのこと。
であれば、日本にいるうちに着るしかない。
語学のメンバーは「ほんとに着るの?」と半信半疑だが、着ないわけにはいかない。
近日中に着て写真をアップしよう。
化粧もしちゃおっかな。
それまでにもうちょいお腹を引っ込めなきゃ・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/96-ed9d2b40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。