上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.15 始動
自分にやれることといったら、バレーしかないのだが、そのバレーをここでどうやるか。
短期間ながらも結構どっぷりと考えてみた結果、ありきたりだが、初心者講習会的なものにすることにした。
アンダーパスだけならスペースもとらず、体育館を占領する心配もない。
しかもだいたいの運動が終わったころを見計らい、体育館に人が少なくなってからなら、人の目も気にならない。

さっそく張り紙作成。
タイトルは「バレーボールの練習しましょう!!」
お約束のバボちゃんを背景に、
・毎日やるが、途中参加・退出可(=自分は毎日いる)
・一所懸命、気楽にやる(=上達して試合でできるようにすることが目的だが、スパルタではない)
・必要なもの:やる気少々(=不安があっても大丈夫)
・きちんと練習するので、確実に上達する(=そのくらいの意気込みでやらせてもらいます)
・一応自分のチームと略歴も掲載(=どこのどいつがやるのか、参考までに)
などなど、なんとかくるきっかけにしてもらえるような文章を考えた。
バレーの練習しましょう


こういうことは、「いろいろな人を巻き込んでやったほうがいい」という風にこの研修で教えられたことがあったので、まず文章を語学のクラスのメンバーに見てもらった。
「一応、なんとなく意図が分かるので、やる気のある人がいるなら、人が集まるんじゃないか」
といった感想であった。

ふむ・・・
そういう感想か・・・

励ましの意味ももちろんあるだろうが、自分はまったくそうは思えなかった。
なぜなら、やる気がある人なら、とっくに今までのバレーの試合なんかに来てるはずである。
ここには不思議と、そういう積極性を生み出す雰囲気が充満しているから。
となると、明日から、自分は毎日体育館で待っているが、誰も来ない・・・
そういうふうにしか思えなかった。

ただ、大事なことは、自分がなにかしようと動き出したこと。
その一歩を踏み出せたのだから、たとえ誰も来なくてもいいのだ。
毎日待ってりゃそのうち来るかもしれないんだし。
それに、実は自分は大抵の場合、淡い期待を胸に抱ければ、それを頼りにかなり待つことができるのだ。
2、3人での練習なんて当たり前にこなしてもきたし。
誰も来なければ自分のトレーニングすればいいだけだ。

誰も来なければ多少は寂しい気もするだろうが、、今は一歩を踏み出した喜びが大きい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/92-5dd5e43a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。