上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところ、自分のトレーニングに夢中になっていたので、ほとんど他の人とバレーをしていなかった。
円陣バレーを楽しんでいる人たちを横目に見ながら、黙々とランニングなどに励んでいた。

先日、相変わらず円陣バレーしている人たちを横目に見ながら、ランニングなどしていた。
すると、その中の一人が声をかけてくれた。
「まだですか?」

自分が混ざるのを待っていてくれたのである。
なぜだか非常にうれしくなった。
その日の円陣バレーは、すごく楽しいものになった。

実はちょこちょこいろんな人と接していく中で、
「バレーは好きなんだけど、下手だから・・・」
という人が結構いた。
そういう人がいることを知っているのに、何もしていない自分。

たまに簡単なバレーの試合が開催されているのだが、それに混ざりつつ、
「もう少し練習すれば、みんなうまくできるようになるのに・・・」
そんな風に思いながらも、何もしていない自分。

自分は自分のためにバレーをやっているのだが、「誰かと一緒に喜びたい」というのが土台にある。
誰かが喜んでくれることが自分はうれしいのだ。
でも、今の自分は誰にも喜んでもらっていない。

毎日充実した生活を送っているつもりだったが、肝心のバレーでなにも満たされていないのだ。
なぜならそれは、バレーで誰とも喜んでいないから。

なんかやれること探してみようかな・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/91-f3d803ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。