上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中間試験終了。
無事とは言わないが、まったくわからないということはない。
ヒアリングなんかは先生がかなり手加減してくれているのが丸分かりだが、それが分かるだけ進歩だとも言える。
「最初は文字すら読めなかったのに・・・」
隣のクラスのTマハッタヤがポツリともらした。
(マハッタヤは男の人の呼び名・「~さん」的なもの)
そうなのだ。
今は分からないことが分かり、間違ったところを直せる。
「まだまだ覚えることはたくさんあるのだが、英語で言えば中学の2年間分くらいはなんとかやっている気がする」
ということで、二人の意見は一致した。

試験の後に、Sパーラ先生とMノーナがわざわざみんなの集まる場をさりげなく作り、
「それぞれに多少の問題はあるが、もう90時間以上やってきてるんで、結構いいです」みたいなことをシンハラ語で言ってくれた。
他にもいろいろ激励やアドバイスをくれる。
そして、なんとかこんとかそれらしい意味が聞き取れている気もする。
試験をするだけでなく、今後へのフォローも丁寧なあたりは非常にありがたい限りである。
過去の候補生からのメッセージに「Sパーラ先生を信じてがんばれば大丈夫!」とあったのは、まさにそのとおりだ。

今朝ちらっと班長のKTQから「ちょっと身体締まってきたんじゃない?」とのありがたいお言葉が!
そうなのだ。
そんな気がしてたんだよ。

最近は走るのを朝晩にして、ちょこっとトレーニング的にやり始めていた。
きちんと汗をかきながらも、心肺的なきつさがはっきり減ってきていたのだ。

「がんばった分確実に成果があるのはスポーツと勉強」
そういった友達の言葉を思い出す。
それが実感できれば、またがんばれる。
いい方向に進んでいるのだ。

この勢いに乗じてあいさつも・・・と行きたいところ。
ちなみに今日もあいかわらずだった。
へなちょこぶりはそう簡単に成長しない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/84-f42f139a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。