上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.17 無事到着
やってきました、イスタンブール!

アムステルダムで乗り継ぎ、空港に着いたのはPM11:00。
日本を出たのは日曜の昼12時。
何時間かかったのか、うまく計算できない。
時差がマイナス7時間らしいので、日本では早朝?
ずっと飛行機(シンプソンズ・ムービーを見たりした・機内食2回、乗り継ぎ後も1回)だったので、もう時間の感覚がよくわからない。

空港から地下鉄に乗り、終電ぎりぎりと思われる路面電車で安宿街を目指す。
終電には間に合った(車内で0:00を迎えた)ようで安心していた。
ところが!
あと2駅のところで、駅員がやってきて大声で叫んでいる・・・
「ラスト・ステーション!」

そのくらいはわかる。
あと2駅にして、終点。
「ここはどこだ?」

路面電車2駅なのだから、目的地までは多少時間はかかるが徒歩で十分いける。
だが、こんな遅くて泊まらせてくれるのか・・・

不安だったので、すぐそばに宿がないか探してみた。
すると・・・
あるわあるわ。

唯一の使用可能英語「Can I stay tonight?」を早速使用。
なんと1件目は「Full」
ん?満室!?
ほかが空いているかの不安よりも、英語が通じたので一安心。
2件目で無事決定。
25ユーロで1泊。

タイでもそうだったが、いくら遅くなっても十分泊まらせてくれるのだ。
世界の観光地とはそういうものなのだろう。

ガイドブックでは25ユーロだとシングルでは一番安い部類。
部屋はなんと、ツインで広々。
バスタブ・シャワー・テレビ・ドライヤー完備。
リンス・歯ブラシはない。
朝食はつかないだろう・・・
と思いつつ、朝フロントをのぞいたら・・・
「Bleakfast?」
「Yes.How much?」
「Oh.No pay!」

パンがあったかくなかったので、期待していなかったが、食べてみるとうまい!
たらふくいただきました。

廊下の天井に無線LANのアンテナらしきものがあったので、使いたいと言ってみる。
「I'd like to use internet in my room.」
(合ってるのか?)
フロントのお姉さんがにっこり笑ってアクセスキーを教えてくれた。

新たな使用可能英語を手に入れた!
結構幸先がいい。
気分よくブログを打っている。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/41-67c66724
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。