上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思った通り、メキシコシティで予定便の出発に間に合う。
カウンターでチェックインしようとすると、なにやら様子がおかしい。
数カ所たらい回し。
嫌な予感がしてきた…

最終的に…
「乗り継ぎ便のスタートで遅れた時点で、予約はキャンセル。乗り継ぎ予定便のチケットもキャンセル。新たなチケットが必要。」
悪夢である。
もうここまできたら、仕方ない。
新たなロサンゼルス行きを購入。
約300ドル…

せっかくマイルを貯めて出費なしで中南米分のチケットをゲットしたのに、結局購入することになるなんて…
我ながら、やらかしたものである。
4月の初給料、もらいもしないうちからほとんどなくなってしまった…

そう思いつつ、手荷物検査。
こんな時に限って、バックパックを全部開けられる。
日本語でグチっていると、次の男の人も日本語でグチっている。
ちょっと日本人離れした顔立ちだが、声をかけてみる。
大学4年で南米を卒業旅行中。
イスラエル人の親を持つハーフと判明。
手荷物が小分けにしたビニール袋なので、ちょっと変わってるな…と思ってたら、
「コロンビアの空港でバックパックがロストバッゲージ(行方不明)になって…

見つかったって連絡あったから取りに行ったのに、またなくなったって言われて…
ロスト・ロストバッゲージですよ…
帰りのチケットと1500ドルも入ってたのに…
チケットの再発行もできなくて…
マチュピチュ行けなくなって、物価の安いラ・パスで何日もボーッとしてました。」

これは自分以上に厳しい。
とは言え、自分もかなり厳しい。

なんとかウユニ塩湖へは行ったそうで、日本人だらけだったとのこと。
自分がそれを嫌ってパスしたと話すと、
「本当に日本人だらけでした。偶然、大学のクラスメイトに会ってビックリしましたよ。でも、景色は最高でした!」

話がはずみ、多少ダメージ回復。
気を取り直して、最後の滞在先・ロサンゼルスへ向かう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/388-fd88f9ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。