上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事ブエノスアイレスに到着。
ここまで南下すると、ペルー・リマからの帰国便に乗れるかどうか、非常に怪しくなってきた。
というわけで、すぐにチリ・サンチアゴへのバス探し。
自分のインチキハイブリッドスペイン語に、丁寧に応対してくれた会社で即決!
しかも、荷物も預かってくれた。
夜には出発なので、どこを見ればいいかも教えてもらう。

自分は、どうしてもブエノスアイレスに来たいという気持ちが、心のどこかにあった。
その理由の一つは「肉が安い」と聞いていたから。
外国人などいそうにないファストフードの店で、ステーキらしきものを注文。
連日の両替でレートの感覚が麻痺しているが、確かに安い気がする。
ただ、ほとんど夜行バスで出される軽食ばかりで済ませている自分は、食が細くなっていた。
せっかく安いのに、持て余す。
本当なら、肉同様に安くてうまいと言われているワインも味わいたい。
ただ、そんな食欲、資金、時間もなく断念。

アルゼンチンを目指したもう一つの理由は「珍しいサッカーのユニフォームを安く買う」

南米、特にブエノスアイレスは、いたるところにいろんな大きさのサッカー場が見られる。
そして、サッカーのユニフォームもやたらと売っている。
しっかりコピーとオリジナルを分けているので、値段を聞けばすぐ分かるし、「これはオリジナルじゃないから安い」とはっきり言うので、悪い気はしない。

少ない時間、ビッシリ歩き回り、ブラジルのメーカー、ORINPIKUSの結構オリジナルに近い型落ち格安バッタ物を発見!
格安で値引きできないと言い張るおばちゃんに「かわいいですね!」を連発し、半ば強引に値引きに成功!
心置きなく、チリ・サンチアゴへと向かう。
6連続車中泊決行。


ちなみに、ペルーでは南米選手権3位のペルー代表のバッタ物を購入済み。
イグアスの滝で着ていたら、結構声かけられました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/381-55f6bc4c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。