上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研修で首都圏に行くということで、大学の同期がバレーをする機会を作ってくれた。

最後に会ったのはいつだろう・・・?
少なくとも5、6年は会っていない。
一緒にバレーをするのなんて、ホント10年ぶり以上のことである。

自分が老若男女問わず、いろんなチームに何食わぬ顔で顔を出し、いろんな人とバレーをすることに抵抗がないのは、この大学での仲間の影響が大きい。

自分がいたのは同好会、いわゆるサークルである。
練習は週に2回程度。
指導者はおらず、運営は全部自分たち。
いろんな経歴、いろんなレベル、いろんな意識の人たちが、ひとつの組織の中でバレーを楽しむ。
体育会系の部活動ではないのだ。が、やるからには勝ちたいという人も少なくない。
人数が多かったので、大会にはいくつかのチームに別れて全員が参加していた。
(同好会の大会では、同じ大学から何チームも参加できちゃうのだ。)

それぞれのチームが、それぞれに目標を持って大会に臨むが、練習はひとつか二つのコート。
その中で、みんながそれぞれのために練習できないといけないのである。

部活なら、試合に出るチームの練習がすべて。
チームという組織であり、目的はチームにひとつ。というのがだいたいのところ。

これはとてつもない違いである。
たくさんの目的をいっぺんにこなすのだから。
だいたい、ひとつのチームでひとつの目的に向かっていくことですら、きちっと意思統一してやるのは難しいのだ。
その中で、自分はもちろん、みんなが楽しくバレーをするためには・・・
そういう難しいことに、みんなでごく自然に取り組んでいたのである。

どんなチーム、どんな練習に行っても自分で楽しむ。
そして、ほかの人にも楽しんでもらえるようにする(これがおもしろいのかもしれない)。
なにも崇高な意識があるわけじゃない。
楽しくバレーをやる、楽しくバレーをやってもらいたい。
そんなとこかな・・・それで十分だし。
大学のバレー仲間との出会いは、そんな自分をいつのまにか作ってくれたと思う。
バレー以外のことでおもしろかったこともすごく多かったし。

White.Mtのみんな、ありがとう。

今度は久々にみんなの持ち歌を聴きたいな(^。^)♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/35-1d0882b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。