上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道を離れる直前、3月から一ヶ月間、いよいよお金に困りバイトすることに。
学生のころ以来、17年振りである。
何も分からず、なんとなく「派遣」なるものに登録してみる。
紹介されたのは・・・
「大手旅行会社でメールの問い合わせに答える仕事です」
とのことだった。

札幌のド真ん中、巨大なビルを指定され、行ってみる。
ワンフロアすべてぶち抜きの一つの部屋になっていて、いわゆる「コールセンター」
いろんな問い合せ先が同居していて、電話で答える人、メールで答える人、さまざまである。
一週間、研修として受け答えの方法を教わり、
「徐々にお知らせメールを配信するので、少しずつ問い合わせがきます。」
この時点で、3月7日。
数日はほとんど仕事なし。
そして11日に大震災が。
「震災なので、お知らせメールの配信を停止します。」
ということは、問い合わせがくるはずもない。
一ヶ月、ひたすら机に座り時間をやり過ごすことに。

ただし、指定されたタイピングソフトでタイピングの練習はしてもよいとのこと。
なんと、日本史の年号、世界の首都を答えるものがあり、一ヶ月ですべて完全に暗記。
アンティグア・バーブータの首都なんて、こんな機会でもなければ覚えることはなかったでしょう。
採用試験に有効なアルバイトになりました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/342-f131ee9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。