上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ最後を飾る試合「DSIトーナメント」の州予選。
昨年U-14で3位とはいえ、今年挑むのはU-16。
このくらいの年齢では1年の差は大きい。
実際、同じ状況で臨んだ去年のオールアイランドトーナメントの州予選は2位通過、全国もベスト8どまり。
ただ、それを踏まえた上で、全国制覇を目指してやってきたのだ。
いよいよ真価が問われる。
県予選決勝を1週間前にケティヤペに出向いてアウェイで対戦。
スバーシニィのシューズがソールがはがれるアクシデントにもめげず、しっかりストレート勝ちで県1位ゲット。
レシーブ・スバーシニィ

そして決戦の地・ゴールへ。
さすがに上の世代だけあって、結構上手な子もいる。
簡単には勝たせてくれないが、特に危なげなく決勝へ。
一緒に練習試合・州決勝と対戦していい勝負だったケティヤペが早々に敗退。
そのケティヤペを破ったチームは170cmくらいの子が2,3人でガンガン打っていた。
よく見ていると応援団が「がんばれ!」と言っている。
どうやら以前日本人、ひょっとしたら協力隊員が入っていたチームなのだろう。
「あのチーム、日本人教えてたみたいだけど、どう思う?」
すると・・・
「打つことは打つけど・・・」とはにかむセッター・コーシャラー。
「フォーメーションきちんとしてないし、レシーブも下手だから」と優等生らしく答えるタルシ。
「それに前に1回勝ったの覚えてないの??暗くなってやり直しになった・・・」
はい、ありました。勝ちました。
「大丈夫だって。穴もあるし、アンダーパスも下手だし」と自信満々なイシャーラ。
「sir(先生の意・自分)が来る前には負けたことあったけどね」とファーティマ。
「俺がいなくなってから、あんな風になっちゃだめだぞ」
一同「分かってるって」

そのチーム、なんと準決勝で負け別のチームが決勝へ。
昨年オールアイランドトーナメント州予選の決勝で負けた相手だった。
一枚エースに集めバックアタックもある。
試合開始早々、いきなり連続失点。
運悪く変な返球がいないところに落ちる。
まあなんとかなるだろう・・・
大丈夫、大丈夫と余裕をかましていた自分。
と思っていたら、なんと1対9!
ええ!?まだ1点だったの!?
どうりでスニルさんもしきりにこっちを見る訳だ。
あわてた素振りは見せずにタイムアウト。
さすがにやばいと思っていたが、意外と雰囲気はいい。
「大丈夫。ラリーにしよう」
タイムあけ、いきなりきた変な返球をきちんとラリーに。
しっかりアタックで得点。
そこから一気にこっちのペースに。
サーブも当たり、イシャーラは10点近く稼いだ。
終わってみればきちんと逆転勝ち。
その勢いで2セット、3セットと相手を押さえ込み堂々の優勝。
おもしろいくらいに練習したことが出たのには、全員驚きだった。

大会を終え、自分はコロンボに戻るため皆のバスを見送ることに。
いろんな思いがこみ上げてきて泣きそうだったので早く行ってもらいたかったのだが、スニルさんが降りてきて握手&ハグ。
さすがに泣けてきた。
ついに自分の活動も終わった。
あとはみんなを信じるのみ。
がんばって全国制覇してくれ。

============================
最後の最後の試合、ばっちり一眼レフで写真撮るぞ!
と思っていて忘れた・・・
まあ、自分とチームのみんなが覚えていればよしとしよう。
============================
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/309-c4e98d3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。