上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月はスリランカではお正月ということで、3週間ほど学校はお休み=練習なし。
去年は、この休みを利用してスリランカ国内を周った( 野郎3人旅  聖地めぐり!? 参照)が、今年は隊員仲間男2人とネパール・タイへ行ってきた。
男3人なので、どうでもいい会話とチープな食事に終始しつつ、非常に楽しい旅となった。
自分は気がつくと男同士でいることが多い、という点は少々問題ではあるが、そこは気にしないことにする。

ネパールでは、小型セスナで「マウンテンフライト」と称するヒマラヤ見学飛行へ。
素敵なネパール女性スチュワーデスのガイドで、エベレストをコクピットから眺めることができる。
エベレストといっても、ヒマラヤ山脈自体が全部高い山なので、どれがエベレストだったのか、自信はない。
自分たち3人はこんな感じで羽目をはずしており、あわや国際問題になりかねなかった。
反省・・・
あわや国際問題

せっかくなので山も登ろうということで、一泊かけて朝日がきれいという「ナガルコット」へ。
やや三宅健似のネパール人日本語ガイドは「ハイキング」と言い切っていたが、自分たち的には「トレッキング」ということにしておく。
もうちょいさっぱりしたら三宅健!?
三宅健的ガイド

途中ノリタケコーヒーショップで食事。
ホント、ネパールはいろんな人種の顔が見られ、日本人っぽい人も多い。
この人がマスターだからノリタケコーヒーショップ。
ノリタケコーヒーショップのおやじ

前回のネパール一人旅では、ポカラで奇跡のようにおいしいクレームブリュレに出会ったが、今回は・・・
桃太郎という店の「カツ丼」が最高だった。
300円弱で、ふんわりサクサクのカツをほおばる。
ついでにチャーシューメン。
全部で600円程度と、値段的にもお得。

そして、一緒に行った同期隊員ぶっちぃの班仲間が夕日で有名な「カカニ」というところでイチゴ狩りをセッティングしてくれ、食事はニジマス料理という、まさに日本のようなイベント。
しかも男3・女4ということで合コンチックなノリも少々あり、浮き足立っていたのは言うまでもない。
はい、イチゴいっぱ~い!
いちごいっぱ~い

タイでは主にプーケットで過ごした。
スキューバダイビングする2人を尻目に、自分はビーチでゴロゴロ&バッタ物と思しきサッカーのレプリカユニフォームなんかを格安で買いあさっていた。
バンコクでは反政府グループの動きが加熱し始めていたところだったので、あまりチョロチョロせずバンコクの秋葉原といわれる電化製品街へ。
ひとつの建物にこれだけの小売店が。
バンコク・電気街

あとは日本食を食べまくり、「やはり日本はいい!」との結論を得た。
しゃぶしゃぶ、寿司、焼肉、牛丼・・・
腹の具合が悪かったものの、めげることなく食べ尽くした。
日本人にはどうでもいい写真だろうが、自分的には感動的だったのであえて写真添付。
しゃぶしゃぶ&寿司
しゃぶしゃぶ
寿司

3、4年前に来たときは、メータータクシーの料金メーターのみならず、スピードメーターまで壊れていてビックリしたりもしたが、今やタイは立派な先進国。
回転寿司ではこんな若い子たちがバイトしていた。
日本となんら変らない。スリランカではありえない。
回転寿司のバイト娘たち


トゥクトゥクは非常に少なく、街で見かけるテレビはほとんど液晶、車はほとんど新車同然の日本車。
家電、衣類、たいていのものは日本並みに揃っているし、飲食店のサービスも行き届いている。
タイでこれだけカルチャーショックを受けていたら、日本帰ったらどんな気分なのだろう・・・と不安を抱きつつ帰国の途に着いた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/288-74dd5fe3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。