上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリランカに来て1年9ヶ月。
先輩隊員と呼べる人たちは全員今月で帰国。
先月、その中の一人・テニス隊員tamaちゃん(♂)の練習を見せてもらった。

なにを隠そうこのtamaちゃん、現役の大学生でバリバリの現役プレーヤー。
そしてその指導力もとんでもなく、去年、大会初参加の女子チームを率いて、年上の子たちを相手に団体全国2位まで勝ちあがらせた実績を持つ。
団体決勝は自分も見させてもらい、がっぷり四つの大熱戦だった。
小さな子たちが大きな子たちをやっつけていく姿には、鳥肌が立ったのを覚えている。
聞けば男子も決勝まであと一歩だったという。
とんでもない話である。

見学当日。午前は男子のみ。
無駄口もなく黙々と練習をこなす。
柔軟体操もしっかりしている。
黙々とラリーをこなしつつ、罰走ではさらっとグランド10周とか言っている。

昼休みを経て、自分たちが来る前にすでに練習をスタートさせていた女子。
サリーを着て練習を見ている女の先生もいる。
すでにtamaちゃんなしでの練習をやっているのだ。
球拾いは全員ダッシュ!
ダブルスでは全員全く足が止まらない。
自分の教えている子たちとは、フットワークが違う。
ここまで違うと、正直かなりへこむ。

子どもたちに話を聞くと、かなり怒られたこともあるという。
それはtamaちゃんからも聞いていた。
「本当に勝ちたいのか!?」
何度も問いただしてやってきたと言う。
先生に話を聞くと・・・
「本当にいろんなことを教わった。(tamaちゃんが)いなくなれば難しくはなる。けど、なんとかして前に進まなくては。」
tamaちゃん


すごい。すごすぎるよ、tamaちゃん。
お世話になった先輩スポーツ隊員、バレーのRちゃん、野球のurushi、そしてテニスのtamaちゃん。
みんなに共通するのは「熱意」
決してあきらめず、前だけ見ている。
「あきらめたらそこで試合終了ですよ」
みな安西先生の信者でもある。

当然、自分たちも心底勝ちたいと思ってやってきた。
でも、まだまだ甘い。
もう一度、子どもと一緒に「本当に勝ちたい」という気持ちを新たに、やっていかなくては。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/284-cf85c9cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。