上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オールアイランドトーナメント終了後、翌週に突然、オープン(年齢制限なし)のトーナメントがあることが判明。
しかも、それは「Dialog」というスリランカでも有数の電話会社(auみたいな感じ)が主催で、決勝はTV中継!!
出身地ごとに参加する形で、日本では国体みたいな感じのもの。
オープンだけに、学生の我がチームには非常に分が悪いのだが、経験重視のスニルさんと自分は当然のように参加決定。
オールアイランドトーナメントに出たU-15を中心に、卒業生2人、U-15のセッター・アヌッタラーの姉で20歳のアヌーシャと、去年卒業したエース・ニランティカ、当時の主力・ラサンティを召集、練習にこれるU-17からも2名追加して挑戦することに。
アヌーシャはジュニア代表を経て、今はエアフォース(スリランカ空軍)のチームでプレー中。
ニランティカは元々ユースのキャプテン、DSIトーナメントでは他の学校の助っ人として参加して全国制覇。
しかもMVPまで受賞している。
2人がいれば、年齢制限なしとはいってもなんとかならないこともないのだ。

ところが、ニランティカの学校側が、まったく連絡がつかない。
というか、露骨に居留守までつかって、音信不通。
どうやら選手を出したくないらしい。
激怒するスニルさん。
結局県予選、州予選ともニランティカ抜きで臨むことに。

県予選は全く問題なく勝ったものの、州予選になるとさすがに甘くない。
初戦はいきなり1セット目を落とす。
こちらはアヌーシャ、ラサンティといるとはいっても二人とも20歳以下。
ほかはU-15が4人なのだ。
日本ではありえない年齢構成で大人を相手にしているのだから、無理もない。
ところが、2セット目から盛り返しフルセットに。
しかもあれよあれよと3セット目もゲット!
決勝進出とともに全国大会への切符を手にした。
決勝は見るからに格段の差があるチームが相手。
ところが1セット目は結構競る。
痛いところでサーブミスが続き20点どまりも、勝てない感じではない。
年上のアヌーシャ、ラサンティが若い子たちを盛り上げようと声をかけながらいい感じで2セット目へ。
ところが、なぜか雰囲気激変。
ミス連発であっさり敗退。
いつもどおりのことが全くできずに終わる。
ただ、普通にできれば通用しないことはない、ということが全員わかったようで、経験としては貴重なものとなった。
U-15のエース・アチニが、大人にもまれながらも徐々にポイントゲッターとして機能し始めた。
まだセッターを初めて2ヶ月程度のコーシャラーも、時々きれいなトスを上げるようになってきた。

全国大会にはニランティカも合流予定。
ひとつでも多く勝てるようにがんばるだけである。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/260-bdd382ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。