上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSIトーナメントが終わったのも束の間、約1ヶ月で「オールアイランドトーナメント」の全国大会がスタート。
6月上旬の州予選で3位になったU-15が参加。
練習していないU-17は、州予選1位ながら不参加。(「州予選終了」参照)

先月のDSIトーナメントのメンバーから、助っ人で転校してきていたディラーニ・アマリというミスの少ない2人が抜け、1歳年上で長身のコーシャラー、タミル人で実績のある姉を持つスバーシニィが戻ったチーム。
夏休みにみっちり練習・・・と思っていたら、2枚セッターの一人、ムスリムのパーティマ(「表彰式」参照)が、母親の体調不良のため隣の県の祖父母宅に引き取られ、大会直前まで練習不参加。
そして、去年同様、夏休みは連日の雨模様。
室内での練習中心になってしまい、チーム練習ができない。 (「隊員大量来訪」参照)その上、2学年区切りの大会、今回は下の学年のメンバー中心のため、DSIトーナメントほどの成績は見込めない。
州予選ですら、ギリギリの3位通過なのだ。
カウンターパート(相棒)の監督・スニルさんとも、「来年のDSIへの経験を積もう」と臨むことに。
今回の年齢区分では、以前オープントーナメントの全国大会で大人と同等に張り合っていたチーム「イッバーガマ」 (「スリランカバレーを勝ち抜くために」参照)がいるのだが、そこに勝たないことには、スリランカ一にはなれない。
現時点でかなりの実力差があるので、できれば一度対戦して、それを実感できれば、と思っていた。

大会初日、州予選以来のスタメンに戻った2人が思いのほか動ける。
サーブが不安材料だったスバーシニィは、なんとノーミス。
パーティマに代えてセッターに入ったコーシャラーもよく声を出し、ボールをつないでいる。
先輩隊員Rちゃんのチーム(「スリランカバレーツアー」参照)も来ているということで、JICA関係者も多数応援に来てくれ、いい感じでゲームが進む。
難なく初日をクリアして、2日目の準々決勝へ。

1歳上の子がいるということで、準々決勝に残ったチームはきちんと3回で攻撃できるチーム。
この世代になると、身体能力の優れた子や、175cmを越える長身の子も見られる。

そんな中、我が南部州の代表3チームはなんと!!全部残ってる!!
第一代表はDSIの助っ人ディラーニ・アマリがいるチーム、第2代表は州予選でフルセット負けを喫したチーム。
来年のDSIも同じ顔ぶれが州予選に揃うかと思うと、全く油断できない。
まずは、ディラーニ・アマリたちが優勝候補筆頭「イッバーガマ」と対戦。
自分たちの実力を測るのにはうってつけの試合だけあって、全員でじっくり観戦。
両チームともブロックなし、全員レシーブ。
イッバーガマは攻撃、守備とも、1枚も2枚も上手。
単純に返すだけの攻撃では、あっさり切り返してくる。
打ってくるのは表裏エースのみ。完全な分業制だ。
付け入るとしたらそこか。
ただ、その2枚エースはサウスポーで、大人並み、いやいやそれ以上の強打を打ってくる。
どう付け入るかは、帰ってから考えよう。
とりあえずは、今からの準々決勝。

体格、技術とも少々分が悪かったので、あまりガツガツ言わずにやっていこうと、スニルさんとは打ち合わせ済み。
二人とも一見冷静そうに見えて、実はすぐに頭に血が上るタイプなのだが、今回はあくまでも来年へのステップとして、いい経験をさせることを最優先。
あまり練習していないブロックも積極的に跳ばせ、多少トスが悪くても積極的に打たせる。
そこで肝心なことは、頭ごなしにミスを責めない。
むずかしいのにトライしたミスならよし、練習でやってきたことをミスしたら、はっきり指摘。
今回は、2人とも落ち着いて指示ができていた。
DSIトーナメントでの手ごたえが、そうさせているのだろう。
子どもたちも、いいミス、悪いミスが徐々にわかってきている。
すると、思い切って後ろからサーブを打ったり、ブロックに跳んでみたりする。
これが結構当たり、点数的にもそれほど離されない。
ストレートで負けたものの、今後の可能性を大いに実感して終了。

残りの任期も10ヶ月を切った。
4回の全国大会を経験し、やるべきことはある程度わかっている。
あとは、どれだけやるか。
来年目指して、再スタートである。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/257-d79ec517
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。