上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.10 表彰式
残念ながら3位に終わったDSIトーナメント。
決勝の会場で表彰式があるので来るように、との連絡が。
コロンボまでは約7時間。
監督であるスニルさんともども、「交通費も出さないくせに・・・」と愚痴りながら、夜12時出発のバスで一路コロンボへ。
深夜バスなのに、始発の地元デニヤーヤから満席、それどころか乗車率150%のギュウギュウ詰め。
朝8時に来いっていうから、そんなバスで行ったのに、表彰式は初日の全日程終了後の夕方6時。
1日無駄になり、しかも帰りのバスも深夜発。
自分は連盟サイドの人間と言うことで、2日目も残らなければならず、翌日の練習ができない。
スニルさんは家族がいるので、少しでも早く帰ろうと、げんなりしながら夜行バスで帰宅。
のはずが、デニヤーヤまで残り2時間の乗り換え地・アクレッサでバスがなくなり、数人でスリーウィルに乗り合い、予想外の出費。
表彰式の模様や、観客席にいる自分がテレビに映ったらしく、いい宣伝にはなったものの、ホントにいい迷惑の表彰式だった。
ただ、この大会「Sri Lanka's No1 Footwear」とうたっているシューズメーカーDSIが主催とあって、なんと!賞金が出た!!
決勝進出チームには新しいユニフォームも。
1位50,000ルピー、2位25,000ルピー、3位15,000ルピー。
これで、次の全国大会の遠征費用がかなり楽になる。
そして、次こそは必ず、50,000ルピー+ユニフォーム!!
二人で固く誓ったのであった。
大会表彰

今年男子が初参加して予選の初戦敗退だったU-12の4人制バレー。
女子の優勝チームの監督はなんと!
お坊さんでした。
この世代はスパイクはほとんど得点力をもたない(返るだけ・もしくはミスする)ので、いかにつなげるか、いかにつながせないかが問題。
スニルさんともども、どこの学校でも十分スリランカ一が狙えるので、今後の重点事項。
あわよくば、2チーム優勝して10万ルピー!なんてゲームでしか聞いたことないような金額をゲットしようと、密かに企んでいる。(注;1ルピー=約1円)
U-12優勝チーム

表彰状は一人一人に渡されるスリランカ。
それが進学・就職で重要視されるらしい。
そんなわけで、新学期スタート直後に学校でも全校生徒の前で表彰式。
学校表彰
左から3番目の子・パーティマは、ムスリム(イスラム教徒)でちょっと色が白め。
スリランカ人には珍しく、フットワークのいい子で、小柄ながらよくボールをつなぐ。
動きや表情、話し方が自分の姪っ子とそっくりということもあって、自分的に期待が大きい。
大会期間中、「あのコーチ(自分)はあの子(パーティマ)の親戚なのか?」と真面目に聞いてきた人がいたそうで。
もう自分は日本人には見えないらしい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/254-2cda6717
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。