上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、我がチームの練習を見に来てくれた先輩隊員Rちゃん。 (「先輩隊員来訪」参照)
非常に仲良くしてもらっているのだが、いよいよ任期が来月終了。
隊員の歓送迎会(コロンボ)があるということで、この機会に一度練習を見せてもらうことに。
幸いなことに、女子ナショナルチームの日本人監督さんともお互いに仲良くさせてもらっているので、この機会にお手伝いに行こう!ということで、今回は・・・
ナショナルチームの練習1日→Rちゃんの教えるチーム1日→帰宅 というスケジュール。
移動はいずれも5~6時間という長距離移動。
初日の女子ナショナルチームの練習は、来月アジア大会を控えている大事な時期。
ただ、連盟側の諸々の事情により、大学の体育館を午前中しか借りることができないという、非常に苦しい状態。
監督さんはそんなことにもめげず、ガンガンボールを打ちまくっており、自分もウズウズして見ていた。
その挙句、ずうずうしく「打ちましょうか?」なんて言ってみて、しっかりレシーブ練習の打ち手をさせてもらった。
1年振りの体育館でのバレーということで、声がよく響くことや、帽子がいらないこと、風がないのは結構つらいということなど、今ならではの感想を持ちつつ、ちゃっかり試合までやらせてもらった。
ポジションはレフト。こっちにきてやせた体重は維持されているのだが、筋力は確実に落ちていて、ジャンプもスイングもイマイチ・・・
可もなく不可もないような内容で、少々不完全燃焼な感に終わったが、久しぶりに思いっきりジャンプしてボールを叩けたのは、すごくおもしろかった。
機会があればトスも上げさせてもらいたいと思ったが、それは今後のお楽しみということで。
女子代表チーム

6時間近くかけて移動して、今度はRちゃん率いるU-15男子。
標高1500mを越える町・ハプタレーへ。
紅茶畑が広がり(紅茶は高地栽培なほど価値が高い)木々もデニヤーヤとは全然違うので、南国スリランカとは思えない。
Rちゃんが練習に来てくれるよう、熱心にアプローチしてきた先生が率いる、地方都市の小規模校。
先生同様、熱心な子供たちは、Rちゃんが来てから急成長。
6月の州予選で見事3位にまで登りつめ、9月の全国大会へ向けて練習中。
森林に囲まれ、丸太のポールで張られたネットは、我がセント・マシューズと非常に近いものがある。
チームには教えている人のカラーが出るもので、非常に「声を出す」ことのできるチーム。
2人のアタッカーに元気にボールを集め、コツコツとつなぐ。
最近になって、ポジションに応じた移動にメスを入れ始めたというチームは、まだまだ発展途上。
ただ、熱心に聞く姿勢は、今後の成長を大いに期待させる雰囲気を持っていた。
うちの男子と比べるとミスが少なく、セッターが安定している。
全体にオーバーパスが上手で、ボールコントロールがいい。
アンダーパス、サーブ重視の自分の練習とは違い、練習内容は非常に参考になった。
U-15
Rちゃん・MちゃんとU-15

Rちゃんは、自分と違って複数の学校を巡回指導。
時には、徒歩1時間もかけていくこともあるという。
自分は、1つの学校に、毎日簡単に行ける。
こんな恵まれた環境を活かせなくてどうする。

今回の練習ツアー、Rちゃんの友達で元青年海外協力隊・体育隊員としてニジェールに行っていたMちゃんも同行。
ニジェールにいる自分の同期隊員の話も聞けて、非常に懐かしかった。
スリランカをほぼ横断しながら、日本人3人がボールを追いかけ、ゲストハウスではフランス人観光客とスリランカ人ホテルマンを交え、なんだか分からない会話で盛り上がっている姿は、なんだか現実離れしていて不思議な感じだった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/252-695fccf2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。