上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この国は、日本以上に学歴重視の社会になっている。
大学に進むことで、格段に違った人生が拓けるのだ。
大学は基本的に学費無料、地方の人間には寮があり、生活費も結構出るらしい。
だから大半の子どもはそれを夢見ている。
その結果「塾」に通う子がすごく多い。
5歳から通っている子もいるし、毎日のように行く子も少なくはない、というか多い。
8時から1時半までの通常の授業では内容が不十分というのが、自分が子どもに聞いた大半の理由。
そして塾の講師は、普通に学校の先生がやっている場合が多い。
先生の副収入源としても活用されているのだ。(普通の先生の月収=約20,000ルピー=約20,000円)
職業=収入源の少ないスリランカならでは(おそらく諸外国も同様であろう)といった感がある。
バレーで就職する子はほんの一握りで、大学進学よりもずっと確率が低い。
といっても、大学進学も全体の数パーセントしか進学できないらしいので、結局、どちらもむずかしいことに変りはない。
野球のナショナルチームの練習の手伝い(「野球やろうぜ!!~熱い戦い~」参照)で、いくつかの大学を訪れたのだが、大学は日本の大学並の施設。
子どもたちがあこがれるもの無理はない。

そのせいもあって、昨年11月の大会終了後、メインの女子U-17のチームの練習出席率が格段に落ちていた。11月まで重点的にやってきた子たちは、やはり上手い。そしてまだまだ伸びる。
実にもったいないのだ。
ただ、その間、男子や若い世代に時間を割けたので、男子は確実に上達し女子U-17にも簡単には負けなくなった。
これは密かに目論んでいたことであり、練習でのゲームのレベルアップには対戦相手が重要ということで(真面目な男子の意欲にほだされた部分もある)男子のレベルアップはうれしい限り。
そして、U-15女子にも結構時間を取れたので、そっちにはブロックを教え始めた。
といってもアタックをブロックするのではなく、ネット上のボールを押し込ませるのだ。
U-15女子のメンバーは非常に身長に恵まれていて、平均すると、U-17より遙かに高い。
レジーブによるリターンエースが多いスリランカ女子バレー。
それに対抗する手段として、思い切ってやってみることに。
やらせてみると、どうやら効果的だと思ったらしく、やたらと練習したがるようになった。
それを武器に今後はU-17に挑めるようレシーブ強化に移行する予定。といってもこれが一番時間がかかるのだが。

そんなこんなで、女子2チームが参加する州予選が来月上旬に近づいてきた。 (男子は地区予選敗退済み・「予選スタート」参照)
分かりやすいもので、試合が近くなると女子U-17の出席率も上がってきた。
雨が増えてグランドが使えなかったり、コートの割りに人が多かったり、いろいろと問題はある(これは別の機会に)ものの、いよいよシーズン到来である。

「がんばった分報われるのは勉強とスポーツ」と言いたいところなのだが、スリランカではその報われる割合が少なすぎる。
言うまでもなく、教育は国の発展に非常に大切なこと。
ただ、この国では、国民の期待、意欲の割りに受け皿が乏しいのだ。
その辺は、内戦の終わったスリランカ。
大学を増やすなり、スポーツを活性化するなり、方法はいくらでもあるので今後に期待したい。
でも、自分に残された時間はあと1年ちょい。
そんなものを待っている暇はないので、がんばってきた子たちが報われるよう、やっていくだけである。

こんな風に草でラインを作ったコートも最近は水浸し・・・そんなことにめげてはいられない。
手作りライン

壊れたネットも、新たにロープを取替え自力で縫って修理。
(これはインド製で600ルピー=約600円・1ヶ月で壊れる)
ネット修理
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/234-fbd8b487
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。