上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.22 飼育開始
今週から雨が目立ち始めたデニヤーヤ。
バケツをひっくり返したような雨もしばしばのため、ちょっと贅沢に学校までスリーウィルに迎えに来てもらって帰った。(170ルピー=約170円)
(ちなみに、普段は街まで15分程度歩いてから乗る。100ルピー=約100円)
動き始めて間もなく、、なじみの運転手のティルナが、なにやらわめいている。
激しい雨音のためよく聞こえなかったが、なにやらフロントガラスにくっついているらしい。
よく見てみると・・・「カドゥッサー!!」
なんとカメレオンじゃないですか!!
以前捕獲したもの(「捕獲成功」参照)と比べるとかなり小さく、全長約15センチ、その約半分はしっぽです。
どうやらまだ子どものよう。
ちょっとかわいそうな気もしたけど、「カメレオンを飼う」なんてことは日本では不可能なので、思い切って自宅まで連行、ペットとしてちょっと飼ってみることに。
入れ物がないので、取り急ぎ1.5リットルのペットボトルを仮宿舎に。少々苦戦しつつも投入成功。
ようこそカメレオン

「カメレオンは色が変わる」 これは誰もが知っている。
実際自分は、木にしがみついている茶色いカメレオンも見ている。 (「田舎でホームステイ」参照)
けど、色が変わる瞬間って、どんな感じなんだ??
考え始めると、いろいろ試してみたいことが出てくるものである。
まずは今日一晩透明なペットボトルに入れてみて、「透明になるのか!?」見てみることに。
まあ、なるわけはないのだが。

今後は・・・
エサを食べるときには舌を長く伸ばして捕獲して食べるの・・・?
鳴くの?
寝るの?
かむの?
人には慣れるの?
いろいろ観察してみる予定。
日本では爬虫類は「鳴かない」「におわない」「癒される」(ってホントかな?)などと、室内ペットとしては隠れた人気らしい。
環境の変化に慣れずに死んだりしないよう愛情を持って接していこう。
やってみたい実験がある方募集中です。

ちなみにこれは、最近グランドに現れたカメレオン。
全長約25センチ、多分大人。(だと思う)
背びれみたいのとか、横の模様とか、全然立派です。
大人のカメレオン
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/231-a2a71672
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。