上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.11 救援物資
日本から2つ目の救援物資が届いた。
父からである。

勝手に仕事を辞め、病床の母のことをまかせっきりにしてスリランカに来ている馬鹿息子に、わざわざ不慣れな英語で宛名を書き、送ってくれた荷物。
ありがたいことこの上ない。
父さんありがとう!
そして、この救援物資、なによりも父らしさ丸出しでうれしかった。

実家にはインターネット環境がないのだが、わざわざ伯父が自分のブログをプリントアウトして送ってくれているので、今の自分の状況は実家をはじめ親戚一同も結構知ってくれている。
その父が送ってくれたもののメインは「ビニールシート(特大)」「ネット(数種類)」「ロープ(数種類)」「瞬間接着剤(大量)」
いろいろ作っている自分のことを考えて、「材料」を送ってくれたのだ。

思えば自分の小学校時代の自由研究は、ほとんど父が作ったも同然だった。
家には父お手製のものがいろいろあった。(効果・評価はいろいろだったが・・・)
そうなのだ。父は「なにかを作る」のが好きな人なのだ。
その血がしっかり自分に受け継がれていることを、父はブログで理解したのだろう。
そして届いた「材料」

こっちに来て、今までいろいろ作ってきたが、盗まれたり、無くなったり、燃やされたり、壊れたり・・・
ただ、「目的を持って何かを作る」という姿勢は、確実に子どもに影響してきていると思える。
ネット、コート、小屋・・・

実は、送料の分のお金があれば、こっちで買えないこともない材料。
ただ、途上国に対する援助というのは、お金を送るだけではダメなのだ。
使ったらおしまい。それでいいはずがない。
今回の材料は、きっと「有効利用」を考えるいい機会になり、できたものはその試行錯誤の過程と結果を目に見える形で残すことになるのだ。

今回の救援物資、さて、何を作ろうか・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/229-a854aea9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。