上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.11 2人の「傭兵」
1月から始めた朝錬( 「朝錬スタート」参照 )もすっかり定着。
ただ、開始当初、セレクションした子に限定していたら、泣きそうな顔で「選ばれないといっちゃダメ??」なんて子がゾロゾロいたので、あっさり「やる気があれば誰でも可」ということに。
そういう子は、少しずつだが確実に上達していくので、非常にやっていておもしろい。
やはり練習は嘘をつかない。やった奴の勝ちなのだ。

一日交替でシンハラ人、タミル人を交互に実施、授業用の制服では参加不可という約束も浸透。
元気いっぱいに掛け声をかけてランニングするのも、すっかり板についてきた。
そして、きちんと続けていこうとするめぼしいメンバーも確実に絞られてきた。

3連休明けのシンハラ人クラスの朝錬前、ふらっとタミル人クラスの男子2人が勘違いしてやってきた。
カウンターパート(相棒)である体育教師のスニルさんに、間違ってきたから帰すと伝えるとチラッと2人の顔ぶれを確認して・・・
「いいよいいよ。担任に言っておくから一緒にさせよう」

実は、そのうちの一人は昨年秋のセレクションの時から目を付けていた期待の星・ラグワラン
彼が来ていたのでやらせちゃおうと思ったようだ。
そのラグワラン、身体能力も去ることながら、自分が目を付けたのは「面構え」
話を聞くときにはほとんど表情を変えず淡々としている。
やらせると歯を食いしばって取り組み、最後までやり遂げる。
「Sir!見て!見て!」と全く騒がない。その上、明らかに体が頑丈そうな顔をしているのだ。
ランボーのような不屈の肉体と精神を持って欲しいと願い、密かに「傭兵」と呼んでいた。
↓左がラグワラン
ラグワランとディヌーとニローシャン

そして、同じような子どもがシンハラ人クラスにもいるのだ。
それがもう一人の「傭兵」ラヒル
ラヒルは、姉二人がバレーをやっているアマル(上の姉はジュニアのスリランカ代表にまでなっている)と一緒に、よく放課後の練習にも来ている。
そして、ラヒル、アマルと一緒に来ているドゥラッチ、この3人はクラスが同じということもあって、競いあうように練習に来ており、ひと際上達している。
↓ドゥラッチとラヒル(右)↓
ラヒル

今年の秋にこの世代(12歳以下)の子たちをエントリーさせようとしている大会は、日本では行われていない「4人制」なのだ。
いずれ大会に臨む4名プラスαを選抜しなければならない。
2人の「傭兵」ラグワラン・ラヒル、練習熱心で身長にも恵まれているアマルとドゥラッチ。
この4人はその大本命である。

心のどこかでタミル人を嫌っているシンハラ人。
言葉の端々からそれは感じ取れる。
でも、仲良くしている人もいる。
バレーを一緒にやるメンバーから、そういう関係を作れれば。
人種の垣根のない、「St.Mathew's」というひとつのチームが作れれば。
悲しいことに今までは、チームにタミル人はほとんどいなかったのだ。
密かに目論んでいたのだが、うまくいくかどうか、不安もあり、実行に移せずにいた。
人種の問題というのは、おそらく日本人が思うほど簡単ではない、はずである。
スニルさんとも「そうなるのが理想」と話していたが、まだ一緒に練習をしてはいなかった。

何を思ったのか、いきなりあっさり一緒の練習にOKを出してくれたスニルさん。
2人の「傭兵」ラグワランとラヒルを露骨に比較しながら練習させれば、明らかに対抗意識むき出しで取り組むはず。
そうなれば、お互いの能力を認めさせることも十分に可能。
不安に思って実行せずにいるより、まずはやってみるか、と開き直ってやってみることに。

半ば勢いでやってみたところ、効果絶大。
練習はわずか2人のタミル人を意識しまくりで、全体に無駄口もなく、非常に内容の濃いものに。
終了時にはシンハラ・タミル別々にこっそり「あいつらもがんばってるから、なかなかやるよな」と話すと、双方とも負けられないといった緊張した面持ちでうなずいており、相手の能力をしっかり認めさせることにも成功。
その日以来、ラヒルたちとはクラスが違い、朝錬以外にはあまり来ていなかった期待のサウスポー・アルナも、積極的に放課後の練習にも顔を出すようになった。

この世代の子たち、自分がゼロから教え始めた子たちだけあって、少々思い入れがある。
ただ、まだまだこれから。
とはいっても大会まではほんの数ヶ月。そして自分の任期ものこり1年2ヶ月を切った。
不安に思って尻込みしている場合じゃない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/228-b61ddcfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。