上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体育祭で使った小屋をさらっと移動して、パパッと支柱を立ててコートを作ろう。
そして、今回の目玉「ライン作り」のネタも準備済みである。
意気揚々と体育祭翌日カウンターパート(相棒)のスニルさん宅(学校の隣にある)へ行くと、朝からグッタリと疲れ果てた顔のスニルさんが。
「昨日あの大雨の中、グランド全部片付けたんだ・・・」
ええぇぇ~!!!
そんな無茶したの!?
グランドに行ってみると、立ててあった小屋もすべて解体され、グランドの後方に投げ捨てられていた。
これをスリランカでは片付けるといってはばからないというのは、学習済み。
ただ、小屋作りまで一からやり直しとは・・・
これは全然パパッとなんて終わらないぞ・・・
コート作りにやる気マンマンで来た男子は、黙々と作業開始。
練習する気マンマンで来たU-13女子はグダグダ・・・
なんとかできる仕事を・・・と、ここで「ライン作り」スタート!
あらかじめ準備していたゴムひもとメジャー、釘を使って、ライン(ゴムひも)を引いて(引っ掛けて)いく。
ゴムひもなら引っかかってもケガはしないし、取り外しも簡単。(釘に引っ掛けるだけ)
釘は見失わないよう、ボールバッグを作ったナイロンのひもを結びつけ、目印兼引っ張るひもに。
作業するとき以外は石でも使って地面に埋めてしまうという考え。
やったことのない作業にグダグダ感倍増の女子。
いつまでたっても全く要領を得ないので、何度も激怒しながらも、丸2日かけ、コート・小屋完成!
===小屋作り===
小屋作り

===ネット作り===
ポール立て作業

古いポールが高さ調節不能になっていたため、やむなく別々に1本ずつ使用。
そして残りの2本は別の小屋で使っていた丸太。
用水路には余った木類を網状にかぶせ、その上に椰子の葉を編んだものをガンガン乗せる。
これでもうボールが落ちることはない。(はず)

最近ボールが2つほど盗まれたので、新しいボール( 「スリランカに荷物を送る方法」参照 )は管理の方法を熟考しているため、まだ使い始めていない。
ただ、寝かせたままでは意味がない。
次は、きちんと物を管理できるようにしていかなくては。
強いチームなら、できて当然のこと。
ただ、整理整頓という概念が皆無な国。
がんばらなくては。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/222-ba46cec6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。