上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロりんが日本に帰った。
彼はすごい。
ほんの1ヶ月弱いただけなのに、シンハラ語で日常生活ができるようになっていた。
いろいろな国でそうやって来たそうだが、スリランカでは、バレーを教えるための言葉から覚え始めたのでおもしろかったそうだ。
普通は旅に必要な言葉から覚えるらしい。

毎日のようにいろいろな話をした。
旅。
恋愛。
人生。
国。
家族。
なんの因果か、ほとんど同じ時期(出会う直前)に同じ本 「私という運命について」(「選べなかった未来、選ばなかった未来」参照) を読んでいたことも、いいきっかけになった。

見ず知らずの人間と、友達を介して出会い、一緒に暮らす。
こんなことは、日本ではまずやらないだろう。
でも、日本を離れるとできてしまった。
そして、その出会いは自分の中に深く刻まれている。
いろいろ深い話をしてきたので、その辺は書けない(壮大なスケールになる)ので、わかりやすいことのみ、記したいと思う。

ヒロりんは、新しい手品のネタと「ドラゴンボール」に続きがあることを教えてくれた。
手品のネタが早々に切れていた自分にとって、非常にありがたいことだった。
そして、日本人なら誰でも知ってる「ドラゴンボール」
魔人ブウとの闘いを終え、マンガは終了したのだが、ネット上で「その後のドラゴンボール」が公開されていると言う。
マンガに飢えていた自分にとって、まさに晴天の霹靂。
これはヒロりんの残してくれたものの、ほんの一部。

「ここがシンハラージャ(世界自然遺産になっている森林保護区)みたいなもんだと思う」と、全然スリランカの観光もせず、毎日練習に来てくれたヒロりん。
最後に子どもの公式戦を一緒に見ていってくれ、その子どものがんばりぶりに感動してくれたヒロりん。

ありがとう!そしていつかまた会おう!

毎日通った通学路にて。
さよならヒロりん

二人の大好物キブラ・バニス(直訳すると「オオトカゲ・パン」
キブラバニス
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/217-8b28e351
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。