上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.11 shu2去る
ヒロりん、shu2たちとの共同生活、毎日グランドで子どもと戯れ(体育祭のため練習が困難)ながら、楽しく過ごした。
shu2は、出国前と見た目は変わっていたが、中身は特に変わらず。
そしてshu2から見た自分は「真っ黒ですね・・・」っていう以外は全然変わりがないとのこと。
その上「話すこと(内容)も変わってませんね」
そういえば、日本でshu2としてた会話も、毎回ほとんど変わりなく、おんなじような中身ばっかりだったのに飽きもせず繰り返してたな・・・

日本人とのおもしろ会話(ボケとかノリ突っ込みとかダジャレとか)が皆無なデニヤーヤで、大勢(!?)といろんな会話ができるのは、自分にはすごくうれしくかった。(自分はかなり話したがりなので)
必要以上にふざけた会話になっていたかもしれないが、それはそれでよしとしといて・・・

毎日のようにパンとコーラ、ポトフ(らしきもの)を作るための買い物に通ったデニヤーヤ最大規模を誇る食料品店、通称「サティ」前にて。
サティにて

shu2プラスαは、この後インドに戻って旅を続けるということで、1週間程度滞在。
お願いしていた「日本のカレー」と「体を洗うナイロンタオル」とヒロりんを残し、旅立っていった。
滞在中、たびたび通学につかったトラック(アトラクションと呼んでいた)の荷台に揺られながら、まさにドナドナのごとく去っていったshu2プラスα(荷台にかがんでいる)
shu2去る


わざわざきてくれてありがとう!
そしてこれからも、よい旅を!
また来てね!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/215-5221e94b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。