上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.28 ヒロりん来訪
自分の日本でのチームメイト・shu2は、現在世界一周の旅に出ている。
Let's start world journey! さあ、世界旅行を始めよう! 参照)
お互い公務員をしながら日本でバレーをしていたのだが、それぞれにその生活にピリオドを打ち、世界へ飛び出した。(少々大げさだが)
チームのメンバーからはなぜか「悪いコンビ」と言われているが、函館から札幌(片道4時間)、帯広(片道8時間)、北見枝幸(片道10時間)、別海(片道12時間)などの遠征に何度も出向き、その度、熱く語り合った良き仲間である。
そのshu2、旅の途中のクロアチアで、筋金入りのバレーボーラー・ヒロりんと遭遇したという。( 「対人」 「日本vsクロアチア」 「スプリット合宿生活」 参照 )
彼はきちんとバレーボールを持って世界を旅していたのだ。ちなみにユーラシア大陸を横断してきていた。
バレーボール1個すら持ってこなかったへなちょこな自分とは大違い。
そのヒロりん、shu2から自分の話を聞いて、旅の最終地にスリランカを選び、わざわざ訪ねてきてくれたのだ。
そして現在、我が家に滞在中。

顔も知らない者同士がほんのちょっとしたつながりから、スリランカのド田舎・デニヤーヤで出会い、共同生活を送っている。
そして、朝錬から放課後までびっしり練習に来てくれているのだからありがたい。
体育祭の練習で動物園と化したグランドで、毎日子どもと先生を合わせ数百人からの「What's your name!?」攻めにもめげず、自分の放置プレーもものともせず、子どもとバレーをしている。

シンハラ語などまったく知らないはずなのに、世界30カ国以上を回ってきたという彼は、数日で主要なシンハラ語を覚え始めた。
「バレーに必要な単語から覚えていくのはおもしろい」と、彼は帰宅するといつも練習でよく聞いた単語を復習している。
自分より一回りも歳が若いのに、彼はとてもたくましく感じる。

そんな彼が最近ポツリともらした。
「shu2さん、いつ来るんですかね?」
デニヤーヤでの3人での再会を約束し、今回の出会いのキューピッドとなった張本人は、どうやらインド南部にいるらしいのだが、いつくるのか連絡が取れず、二人でやきもきしている。
3人揃ったら子どもたちに「時間差攻撃が見せられる!」と2人で楽しみにしているのだが、いったいいつくるのやら・・・

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/211-11f182a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。