上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校は試験期間、そして半年に一度の協力隊関係の集まりなどがあるため、少々休みをもらえた。
そしてやってきたのは、コロンボから南に1時間半ほど下ったところにある「カルタラ」という町。
自分のいるデニヤーヤからは、コロンボに行く途中になる。

自分がコロンボに来るときは、南部のゴールという世界遺産の街に出て、そこからずっと海岸沿いに北上する(合計約7時間)のだが、その海岸線は、すべてビーチリゾートと言っても過言ではない。
スリランカは、実はサーフィンの穴場として世界に知られていたりして、欧米からも結構その海岸線の街にリゾート客が来るのだ。

1泊1,000ルピー(1ルピー=約1円)とかの格安ゲストハウスも海の近くにたくさんあり、結構のんびりできる。
ただ自分は、正直言って海系リゾートは必要としない。
ということで、まずは、エアコン・ホットシャワー付で2,000ルピー程度の川に面した景色のいいホテル「パノラマホテル」に1泊。
パノラマホテルからの眺め
パノラマホテルからの眺め

2泊目、せっかくだからと少々奮発して、1泊3食で7,500ルピーのリゾートホテル「タンジェリンビーチホテル」に。
海系リゾート不要と言っておきながら、なぜそんなところに・・・
その理由は「バスタブ」である。
何を隠そう、自分は結構風呂・温泉好き。
函館に住んでいるときなど、通算で10年ちょいの間、ほぼ毎日スーパー銭湯的なところに通っていたくらい。
スリランカにきてからは、毎日水シャワー。
覚悟はしていたし、それ下線文はそれで悪くないのだが、せっかくだからお湯につかりたかったのだ。
3食ビュッフェスタイルの食事を満喫、デザート類も1食あたりで5、6種はくだらなかったのをほぼ制覇。
その合間に風呂で読書。
スリランカに来るときのシンガポールでのトランジット(乗り継ぎ・出国~シンガポール(乗り継ぎ)参照)以来の風呂ということで、無理矢理「寝だめ」ならぬ「風呂だめ」
ついでに少々値は張ってしまったが「アーユルヴェーダ」というちょっと有名なスリランカのマッサージ(90分4,500ルピー)、コーヒー・ココナッツのボディスクラブ(60分4,200ルピー)を二日がかりで受けてしまった。
欧米人相手の価格なのでちょっと痛かったが、しっかり癒され満足。
マッサージルームとジャグジー
タンジェリンホテル・スパ2
タンジェリンホテル・スパ

1泊3食で7,500ルピーは、スリランカ人にはとんでもない金額だが、実はこういう立派なリゾートホテルとしてはかなりのお手ごろ価格。
リゾートホテルは、100ドルをくだらないところがほとんどなのだ。
自分の選んだ「TANGERINE BEACH HOTEL」
12畳はくだらない室内に、ベッドはシングル×2、オーシャンビューで、ベランダもある。
海(遊泳禁止)まで徒歩数十秒、プールは無料、ビーチバレーコートあり。
日本なら1万円出しても泊まれないだろう。(注・自分は1人1室利用のため割高)
TANGERINE BEACH HOTEL
カルタラ・タンジェリンホテル
カルタラ・タンジェリンホテルの眺め

格安で海外リゾートをお考えなら、スリランカなんかどうでしょう?
ちなみに、コロンボ、スリランカ北部以外は、ほとんどテロの影響はありません。
特に、コロンボ以外で外国人のいるところはテロが起こっていないので、リゾート地なんかは安全と思われます。
知人限定で自分がガイドにつきます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/188-04c2c1b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。