上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道北でクラブチームを運営している友達から
「小学校バレーの指導法で困っている・・・」といったコメントが。

ワンマンチームでいいのか?
これがポイントかな・・・

これでいけば、ワンマン選手がうまくなればある程度勝てる。
よわいチームいっぱいあるし。

練習は大変。
ワンマン選手はなんでもかんでもやる、ほかの子はレシーブばっかり。

レシーブしか練習しないのはつまんない。
小学生が「つまらない」と思ったら、教えたりするのは大変だ・・・

「勝つために必要だ」と子供が割り切れればいいが・・・

そこで・・・
「勝たなくていい」っていうのはどうでしょう?

みんなでバレーをする。
みんなでレシーブ練習、みんなでスパイク練習。
身体能力的なものを考えて、やり方を工夫する。
=ポジションや身体能力を理由にやらない練習を作らない。

みんなでやっていれば、誰かが教わるってことは、みんなが教わるってこと。
仲間を参考にしたり、目標にしたり・・・

「勝てなくて悔しい」にはならなくてよし。
「みんなでやったら楽しい」なら、その日からなれる。
その中で上達していって、自分にできること、できないことの現実を実感していけば、いい方向(試合で勝つには何ができるかに気づく)にいくんじゃないかな。

ちょっとおおざっぱな考えなんだけど・・・
あとは教える側も面白くバレーに取り組めれば、子供も楽しくのっかってくるような・・・

ま、実際に見てないんで、想像の範囲ですいません。
ご覧のみなさまからのコメント、お待ちしてます。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/15-bcb96efe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。