上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.03 トンボ作り
ここ、デニヤーヤでは、ほとんど毎日雨が降る。
短い時間だが、バケツをひっくり返したような雨になることもしばしば。
7月の終わりころ、ホントに雨が多かったので、グランドは泥沼状態、水溜りだらけだった。
思い切って、選手全員と手作業で、ホントに手と足だけで水をコートの外に出す作業をしてみたのだが、かなりの時間がかかった。
かかった時間の分、効果は多少あったので、練習終了後、思い切って「トンボ」を作ってみることにした。
野球のグランド整備に使うやつ。
一気に水を外に出せるんじゃないかと。
木と釘とかなづちがあれば、結構簡単にできるんじゃないかと。
カウンターパート(相棒)であるスミルさんに話すと・・・
「いいんじゃない?」
と言いつつも、半信半疑。
校舎裏には、不要な机といすがたくさん放置されていたので、それを活用できる。
釘とかなづちはスミルさん宅からレンタル。
近所に住むいつも練習をのぞいている元気なおじいさんと、たまたま用事があってきていたスミルさんの友人、グルゲさんが手伝ってくれた。
結果、あっさり4個の小型トンボが完成。
早速、テストしてみると結構いける。
「明日子供たちに整備させよう」
ということで、話がまとまった。

翌朝、グランドに行ってみると、なんと学校の生徒が100人くらい来ていた。
ちなみに全校生徒は800人くらいいるらしい。
スミルさんに「なんでこんなにいるの?」と聞くと、
「グランド整備するからさ」
・・・
トンボは4個。
しかもみんな制服で来てるし。
グランドは水浸し。
「こんなに要らないから・・・制服も汚れたら困るし・・・」
渋々帰っていく子供たち。
制服の汚れなんか気にしない小さな男の子たち(小学校後半くらい)がおもしろがって手伝ってくれ、別の先生は近くの乾いた土をたくさん持ってきてくれた。
その結果、見事にコート復活!
子供たちの豪快な使い方で、トンボは2個玉砕。
そして残る2個はどこへ行ったのか、見当たらない。

ま、綺麗になって、その日の練習は至ってスムーズ。
8月になると雨も少なくなり、学校は夏休みに入るという。
たっぷり練習できるし、子供たちは驚くほど練習を楽しみにしている。
おかげさまで、練習開始から今まで、まだ自分が1日フリーになった日はない。
「ALL ISLAND TOURNAMENT」までは、たった1ヶ月だが、いい練習をして試合に臨みたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/132-80cb179e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。