上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.02 我が家
我が家は「HANDFORD TEA ESTEETE」というティー・プランテーション(大紅茶農場)の真っ只中にある平屋一戸建て。
広いリビングとキッチン、自分の部屋(10畳くらい)と同居人「ピーリス」さんの部屋(8畳くらい)がある。
ピーリスさんは50歳。酒、タバコ大好きのフィールドオフィサー。
紅茶を摘む大勢の労働者の管理をしているため、結構な重要人物っぽい。
「私はこんなに大勢を管理していて、息子(コンピューター関係の仕事をしている30歳・他にも何人か子供がいる)よりたくさん稼いでいる」
と繰り返し言ってくる元気な親父さんだ。(家族は世界遺産になっている「ゴール」にいて、単身赴任)

そして、我が家にはピーリスさんに13年仕えているお手伝いさん「チャンダパーラ」さん(♂)がいる。
食事、掃除、洗濯(有料だが格安)をしてくれる。
非常に恵まれている。
そして、さらに幸いなことに犬(1匹)猫(2匹)までいて、すぐに懐いてくれた。

練習を開始してから3日目、子供たちが自分の言っていることを、どの程度理解しているかを見るために、ノートに書かせていることにした。
自分が説明した言葉なら、見ればなんとか分かるだろう・・・と思っていたが、甘かった。
そこで、ピーリスさんにノートを見てもらいながら、ちょこちょこチェック。
ピーリスさんは、身振り手振りを交え、すごく熱心にチェックしてくれるので大助かり。
おおむね伝わっているようなので、一安心。

朝5時には起きて6時半には仕事に行くピーリスさんは、こっちが寝ていてもまったく気にしておらず、いつも歌を歌いながら身支度している。
チャンダパーラさんは、雨が降っても洗濯物を干しっぱなし。
取り込むという習慣がないらしい。(ここデニヤーヤでは毎日のように雨が降る)
停電時々あり。
ネット・携帯の電波がかなり弱い。
自分の部屋に鍵がない。
いたるところにアリがいる。
といった不満はあるが、ほぼ想定内。
こんなに恵まれていていいのか・・・と思うくらい。
しかも、現在シャワー室増築中(トイレと一緒だった)ついでに今あるトイレを洋式にするそうだ。(紙・水洗はないが)
すぐ近くにある「HANDFORD TEA ESTEETE」の事務所にはネットにつながったPCもあるので、使わせてもらえそう。(やはりピーリスさんはかなりの権力がありそう)
配属先が提供してくれた住まいなので、嫌だから出る、なんてことはちょっと面倒そうだったため、引越しの必要はなさそうなのでちょっと安心。

最近、ピーリスさんはかなりの酒好きで、町でも有名だとわかった。
土曜の夜には、ピーリスさんの友達が大勢来てドンチャン騒ぎしている。
ビールを勧められて断ったら、後日「スリランカでは必ずもらわなければいけない。不要であれば、別の人にあげればよい。もらうことが大事なのだ」と長々と繰り返し説明してくれた。
熱心な説明は、酔っ払いがクドクド話していると見ることも、十分できる。
日本の酔っ払いと一緒だな・・・
ま、自分も話は長いし、そのくらいは我慢しなくては。
そのうち自分も一緒に大騒ぎするのかな・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/130-c82ea1a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。