上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに明日任地へ向かう。
便利で涼しいJICAホステルともお別れだ。

こっちにきて、少しでも現地の人と会話していこう、と思ってきた。
日本での研修中に、2F-Doさんから教えてもらった「安全ピンマジック」もたびたび披露。
非常にインパクトのあるものだった。
2F-Doさん、ありがとう!

研修先であるJICA事務所のガードマン、ウィラーッコリは、ちょっと愛嬌のある顔をしていて、自分のお気に入りだった。
「今日はマジックはないの?」
「授業は終わり?」
人懐っこい25歳だった。
いつも「Kはどこ?」と同期の隊員に声をかけていたらしい。
最後に一緒に写真を撮って、プレゼンテーションで他の同期が教えてくれた折鶴のネックレスをプレゼント。
すると、後から慌ててなにやら持ってきた。
「写真を送ってくれ」
と、自分の住所と、証明写真みたいな小さな写真までくれた。
関係ないけど、自分の髪は少し前に自分で切ったものです。
ウィラーッコリ

毎朝のようにコーヒーを買っていた「セイリンコ スナックス」の店員さん♀。
元気いっぱいで、いつも明るく声をかけてくれていた。
写真を撮らせてと言うと、突然恥ずかしがり、同僚の店員と一緒なら・・・と渋々OKしてくれた。
ほんとはもっとはじけるような笑顔の人なんだけど・・・
セイリンコ スナックス

JICAの駐車場のガードマン、シルバ。
いつも大きな声で話しかけてきて、なにか聞くとほんとに親切に教えてくれた。
最後に写真を撮らせてもらうと、
「なにかあったらいつでも電話くれよ」
わざわざ電話番号をくれた。
シルバ

そして、足しげくホステルの近所のスーパー「キールス」に通い、笑いかけてくれる店員さんやガードマンに、あれこれ話しかけてきた。
その甲斐あってか、ちょこちょこ立ち話することができた。
他の隊員が行くと、「あの友達はいないのか?」と、しっかり顔を覚えてもらっていたようだ。

ちなみにこれは、「コルピティア・マーケット」という市場的なところの肉屋さん。
綺麗に並んでいるのは、よく見ると鶏肉でした。
鶏肉
肉屋の奥では、鉈(なた)の大きな感じのやつで、ガンガン豚をさばいてました。
すごい迫力だった。
見せてと言うと、「全然OKだよ!」
「なんか質問はないか?」
など、すごく親切だった。
豚をさばく

いろんなスリランカ人と、どうでもいいような会話をあれこれ楽しんできた。
会話力はそれほど上達した気はしないが、
「基本的にこっちを警戒はしない」
「ちょっと顔を知れば、即仲良し扱い」
といったことは、わかったような気がする。

あさってから、今度は子供と接することがメインになる。
「トリンタン」のメンバーは、言葉は分からなくても、日本の子供と同じだな・・・と態度、雰囲気などからわかった。(気がする)
デニヤーヤは、コロンボからバスで約7時間。
今度はどんな世界が、どんな出会いが待っているんだろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/123-83126562
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。