上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロンボ市内で、ホームステイしながら研修に通う生活も、残すところあと2泊。
ステイ先は非常に大きな家で、SONYのTV、ビデオ、DVD完備。
スズキのスイフト、アルトの2台所有。
同居の息子(30歳・CPUエンジニア)夫婦と、すでに隠居生活のお父さん(58歳)とお母さん。
もう一人いる息子は医者。
かなりの上流階級。
庭にはリ野生のリスがいて、エサをやる台がある。
コロンボステイ3

コロンボステイ4

生まれて初めてのホームステイとなった自分は、あれこれ期待・想像していたのだが、先方はすでに3年ほど隊員を受け入れており、あまり感動などはない様子。
自分の好き勝手にやらせてくれている。
それはそれで、ありがたいことだ。
もう少し自分から話して会話を身につけなければ・・・
とは思うのだが、この家では毎晩「マハ ゲダラ」という連続ドラマ(かなりのドロドロ系人間ドラマと言うことが言葉が分からなくても見て取れる)に夢中。
終始無言。
終わると、あとはほぼ寝るだけ。
なかなかむずかしいものである。

自分の部屋は、とにかく暑い!
窓フルオープン・天井ファン全開でも、体感温度30度弱。
蚊帳を使っているが、刺されまくり(多分外で刺されている)
ただ、あまり痒さが持続しないと言うのがせめてもの救い。
デング熱は、蚊が媒介となるので、刺されないに越したことはないんだけど・・・
コロンボステイ5

このお宅は仏教徒。
きちんと仏壇があるのだが、ちょっと不思議なものも。
「これは誰?」
と、知らない振りをして聞いてみたところ、どうもはっきり教えてくれない。
なぜなんだ・・・
コロンボステイ1

コロンボステイ2

食事は3食カレー。
といっても、昼は研修先、土日は外食しているので、朝晩の2食のみ、いただいている。
そこで大問題が。
肉を食べないのだ!
ベジタリアンというわけではなく、みんな嫌いなんだと。
というわけで、野菜・豆メインのカレーを日々いただいています。
パンや麺も出たけど、常にカレー。
カレーの後の紅茶が毎食すごく楽しみです。

このステイが終わると、今度はすぐに、「ガマ(田舎)ステイ」と呼ばれるホームステイに入る。
コロンボからバスで数時間の田舎へ行って、ホームステイするのだ。
その間は家族の一員として過ごすので、訓練はなし。
今のように、涼しいデパートに逃げ込んだり、JICAのホステルに逃避して、ネットやマンガにいそしんでいる場合ではない。
いよいよ、本格的なスリランカ生活へ突入である。

ちなみに、コロンボでのホームステイ先では、トイレットペーパーがありません。
持参もしていません。
すでに、ある一線は克服しています。
といっても、微妙な心境だけど・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/118-b0df88b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。