上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.12 訓練最終日
明日で訓練が終わる。
この前の日曜日には、別れを惜しむ形で終日「フェスタ」なるイベントが開催され、ここで学んだことや持ち前の特技などを皆が披露。
空手やサルサ、ジャグリング、合唱、自主制作の映画なんかまで飛び出し、非常に盛り上がった。
ホントに芸は身を助けるね。

今日は最後の語学イベント「語学発表会」なるものがあり、シンハラ語クラス7人が10分弱のスピーチを披露した。
自分は話し好きな上に話が長いということで、必然的に最後のトリを勤めさせていただくことに。
日本語で話しても話が長いのに、ボキャブラリーのないシンハラ語なのだから、言葉が続かずますます長くなるのだから、我ながら話が長い。
「1時間でもいいよ」
な~んて講師のMノーナから冗談を言われるくらいなので、まあ仕方ない。
せっかくなんで原稿は短くして、アドリブでちゃっかり話してしまおうと企んでいた。

いざ話してみると、ホントにむずかしかった。
終了後に先生2人が「これでようやくスタートラインに立っただけ。あとはスリランカでがんばれ」と言ってくれた。
エーカ タマイ!(シンハラ語で「そのとおり!」)
訓練は終わりだが、これからが本番なのだ。
今までは単なる準備。
23日には出国し、シンガポール経由でスリランカ・コロンボへ。
訓練や勉強としての語学ではなく、生活するために必要な手段としての語学となる。

今日の最後の講義は、海外協力隊員として活動中に何らかの事情で亡くなられた方々の遺族会の方のお話だった。
「無事帰らなかったらどうなるか」
すごく考えさせられる講義となった。

自分には体調のよくない両親がいるのに、今の道を選んだ。
相談はしていないし、許可も得ていない。
結果報告だけ。
苦労して東京の大学を卒業させてくれたおかげで、せっかく安定した公務員になれたのに、勝手に辞めた自分。
我ながらどうしようもない勝手な人間だと思う。
そんな自分に対し、何も言わないでいてくれる。
最低限自分がやらなくてはいけないことは、無事に帰ること。
そして、自分が何をやってきたか、胸を張って話せるだけのことをしてくること。
やりたいこと、やるべきことを話すことはできる。
あとはやったこと。

2年後、しっかり両親に話したいと思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keivb.blog22.fc2.com/tb.php/103-da71a405
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。