上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.28 遺跡突入前夜
いよいよ明日早朝は遺跡へ!
という前夜、やらかしかけました。

遺跡突入は、早朝5時にホテル出発。
前日見つけた宿で事情説明。
パワフルなおばちゃんが二人であれこれ説明。
「玄関は、鍵を預けるから自分で開け閉めして行って!」
了解。
夕方、ちょっとネットカフェへ。
部屋の鍵だけで大丈夫だろう。
玄関の鍵は持たずに出る。
帰ってきたら、ガッチリ鍵掛けて電気まで消えてるじゃないですか!!

大雨の中、チャイムを鳴らしても、音沙汰なし…
しばらく大声で呼んでいると、隣の観光客向けレストランの兄ちゃんが寄ってきた。
事情をすぐに飲み込むと…
「OK!NO PROBLEM!」
助かった…!
当然知り合いだろう。
と思った矢先、宿の2階の窓に向けて小石を投げ始めた。
最早、神はいない…

幸い、マチュピチュ遺跡までのバスと入場のチケットは財布にある。(これだけでも奇跡)
別の宿に泊まって、カメラを諦めれば、なんとかなる。
出国直前に、思い切って買った単焦点レンズ…
年末に、思い切って買った単焦点レンズのコンデジ…
旅で綺麗な写真を残すことだけを願っていたのに…
肝心のマチュピチュで写真なし!
笑って流そう!
そういえば、shu2も世界一周の途中でカメラをスラれて、結構主要な写真なかったし。
いい笑い話になるだろう。

と、諦め掛けた瞬間…!
玄関の電気がついた!!
おばちゃん登場!
なんでチャイム鳴らしてんのに、出てこない!?
と思うよりも、玄関が開いたことで兄ちゃんと大喜び!

今、遺跡から戻り、兄ちゃんのレストランで夕食。
インカコーラ頼んだら、早速、向かいの店に買いに行った。
2ソルのものを5ソルで飲んでます。
ピザ、なかなかうまい!
兄ちゃん、君の気持ちが何よりも嬉しかった!
ありがとう!



マチュピチュ遺跡突入は次回。
スポンサーサイト
2012.02.28 一歩手前
リマからクスコまで23時間。
Made in BRASIL のメルセデス(ホントかよ?!)
隣と前にいる赤ちゃんの泣き声にもめげず…

クスコから2時間弱、乗り合いタクシー・カローラで、マチュピチュの手前のオリャンタイタンポまできました。

石造りの小さな村は、とてもいい感じ。
高地のせいか、体調イマイチで、1泊450円ということもあって、2泊。
結構な遺跡もあるけど、周るには値が張るため、遠くから眺めてます。


今回の旅で初めて、気の合いそうな日本人一人旅男性がいて、ちょっとトークすると…
同郷の人じゃないですか!
4月から高校の英語の先生だって言うじゃないですか!
ユニクロのフリースに、ネパールで刺繍入れてもらったっていう一点物着ててカッコいい!
久しぶりにたっぷりトークさせていただきました!
楽しかったです!
yutoさん、また会いましょう!

明日はいよいよマチュピチュ入りです。
正月休みに、Y田クラブのチームメイト・fujijunと会った。
もう15年以上の付き合いで、Y田さんも交えて、定番の蛾虫温泉へ。
北海道を勝手に離れて行く自分のために、わざわざ士別(車で一日がかりでもこれるか微妙)からきてくれたfujijunは、高校の教員。
たっぷりトークさせてもらって、そのとき教えてもらったのがこの本。

「なんで勉強しなくちゃいけないの?」
「今、役に立たないこと勉強する意味あるの?」
学校は一定水準のレベルの生徒を作り出して、世の中へ送り出せばいいのか?
違います。
後で自分で責任取るから、この勉強は意味ないし、やらない。
違います。
やる前から結果の分かっている勉強はありません。
なにを学ぶのか。
考えさせられました。
fujijun、また会おう!

下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち
(2007/01/31)
内田 樹

商品詳細を見る
2012.02.25 クスコへ
明日リマを出て、クスコへ。
マチュピチュを目指します。
バスで23時間…
2階だてらしいです。

ペルーで念願だったものを、ついに飲みました。
インカコーラです!
自分を知っている方は、どれだけ自分がコーラ好きか、御存知かと思います。
インカコーラ、コーラと呼ばれている以上、飲むのが夢でした。
うまい!
一緒に食べた肉もうまかった…
合わせて250円也。


ちょっと調べてみたら、エクアドルのガラパゴス諸島への拠点となるグアヤキルまで、リマからバスで100ドルらしい。
片道27時間。
ペルー・ボリビア国境のチチカカ湖、ボリビアのウユニ塩湖も行きたいと思ってたんだけど、ガラパゴス諸島、赤道直下のエクアドルの首都キトも捨てがたい。
日数も少なくなってきた。
どうしようか、悩んでます。
2012.02.24 リマ到着
夜12時過ぎにリマ到着。
ヘロヘロで交渉する気になれず、タクシーにボラれながら中心地・ミラフローレスへ。
安宿は数軒回っても満室!!
ようやく見つけたところも1泊しかできないとのこと。
その上、同室の白人が夜でも平気で電気つけて音楽かけてて最悪…
翌朝、宿探しに出て数秒。
日本の国旗が!
ちょっと高そうだったが交渉に乗り込む。
年配の女性が丁寧に応対。
しかも、日本語ほとんどできるじゃないですか!!
オーナーが日本人・名古屋在住だそうで、
「お客様は神様」
「日本のしきたりでやってます」
交渉もあっさり値下げ成功。
地球の歩き方のエコノミーホテルより全然安い!
最初の言い値の半額!
部屋はこじんまりしてるけどテレビもあり、wi-fiも無料。
何よりも、人の感じが良い。
クスコ行きのバスもいろいろ探して、予約してくれた。
繁華街から徒歩で数分。
久々にくつろげる。
今後、Hotel SAMURAI もオープンするそうです。

Hotel EL MONARCA




メキシコ・パレンケ遺跡の次は、待望のグアテマラ・ティカル遺跡へ。
半日かけて、ハイエース、ボート、マイクロバスを乗り継ぎ、拠点となるフローレスに到着。
宿探しの気力もなく、仲良くなったチリ人カップルについて行く。
日本人ゼロの宿は格安で、雰囲気良好でした。

こんなバカでかい犬が5匹くらい放し飼いになってて、結構ビビります。


遺跡巡り・長距離移動で、連日4時とか5時起き…
好きなことやってると、起きられるもんです。

ティカル見学の翌朝も、5時発で再び半日がかりでパレンケへ。
そこからさらに、翌朝メキシコシティへ飛行機で戻るために2時間かけてビサエルモサへ。
今度はなんと!
メルセデスベンツ!
2時間快適でした。
こういう小さくてカッコいいバスって、日本でも増えないかな。
2012.02.19 偶然の一致
一緒にこれなかったセニョリータに、絵葉書を出そうと切手を探す。
土曜日とあって、郵便局は閉まってるから、今日は買えないと、あちこちで言われる。
せっかくだから、いるとこから出したいんで、なんとなく、閉まっている郵便局へ行ってみる。
案の定、閉まっている。
仕方ないので、帰るつもりだったのを、なぜか向かいのアイス屋さんのお姉さんに少々愚痴ることに。
普通、スペイン語できないのを指差し会話帳使ってまで愚痴ってやろうとは思わないんだけど。
一通り愚痴って満足し、アイスをいただきながら読書することに。


しばらくして、ふと本から顔を上げると、なぜか郵便局の勝手口だけ空いている!
ひょっとしていけるんじゃないか?
アイス屋のお姉さんもビックリして、行ってみろと言ってる(と思われる)
ズケズケと乗り込むと、どうやら他の客が直接連絡して開けた模様。
ちゃっかり切手を買って、送ることに成功!
かわいいロゴがまぶしかった。


ちなみに、読んでた本は「聖なる予言」
通算で三回目。
第一の予言は、偶然の一致は偶然ではないと気づき始めること、だそうです。
2012.02.18 大移動
メキシコシティ2泊後、13時間かけてパレンケ遺跡へ!
今回はなんと!
VOLVOです!
ガラガラです!
リクライニング、日本の倍は倒れます!
2012.02.18 無事到着
ロサンゼルス経由で無事メキシコシティ到着!
かなり大都会です!
地下鉄、バス、路面電車チックなバスと、交通機関が充実してます。
英語、あまり通じません。
あわててシンハラ語で話して、ますます大混乱してます。
日本人宿というものに初めて投宿。
せっかく海外を歩いてるんで、今後は使わないことを決意しました。
日本人って、決してマナー良くはないんですね。
ドミトリーで、寝てる人&寝たい自分がいるのに、話し込んでる二人組が。
角が立たないよう…
「よければ消灯してホールでおねがいできませんか?」
とてつもなく勇気を振り絞りました。
すると、ややムッとして…
「いいですよ」
こっちがお願いして許しを得ることなのか?
なんて素振りは微塵も見せず、ご退場いただきました。

市内の超巨大博物館にて。
やはり、ジョジョの石仮面を思い出しました。
今後のパレンケ、ティカル、マチュピチュと続く遺跡巡りに胸が高鳴ります。
とは言え、ガイドも付けず、見て回るだけなんですが…




いよいよ出発!と中部国際空港・セントレアに意気揚々と乗り込む。
余裕綽々でチェックイン。
と思いきや…
パスポートがない!!

昨夜、ちょっとコピーが必要でコンビニへ。
「そういえば、イスタンブールの宿にパスポート忘れたことあったよな…」
「さすがに、もうパスポート忘れるトラブルはないだろう」
しみじみそんなことを考えてたのを思い出す。

あわててコンビニに電話で確認。
しっかりとコピー機に忘れてました
余裕持って空港入りしていたのが幸いし、往復トンボがえりで無事出発。
誰が気を引き締めたんだか…
先が思いやられます。
ついに、へなちょこバレーボーラーシリーズも最後の旅を迎えました。
1ヶ月かけて、メキシコ・ペルーを周ります!
最初の乗り換えは豊田市を走るおいでんバス。
長野県・根羽村からここまでは、客がゼロ・貸切でスタート。
乗り換えた道の駅は「どんぐりの湯」



一度来てるんですが、リニューアルしたばかりで超豪華な温泉です。
値段も普通。
その割には客がほとんどおらず、経営状態が心配です…
潰れないでくれ。

バスの運転手が親切だったり、売店の奥様から優しく声を掛けられたり、旅に出た実感にウキウキしています。
とは言え、今回の旅は治安に不安のある中南米。
無事帰国するため、気を引き締めて行ってきます!
2012.02.10 一宿一飯
犬は一宿一飯の義理をわすれないとか。
事実でした。
今回デニヤーヤに里帰りすると、近所の犬・ティミ、ルビィが大はしゃぎ。
明らかに覚えていた。
その上、学校の野良犬たちまで、シッポを振って集まる始末。
口笛一つで昔のように寄って来る。
うれしいものです。

デニヤーヤの我が家では、愛犬シロ・ゴクウなき今、子猫を飼い始めていた。
猫には名前をつけない習慣らしいのだが、あえてクロと名付ける。
だって真っ黒なんだから。
おまけに、懐きまくってくれて毎晩一緒に寝てました…

ただ、クロはシロと同じくヤキモチやきで、ティミが来ると即臨戦体制。
ティミは温和なおばあちゃんなので、少々戸惑ってました。
次来る時まで、2匹とも長生きしろよ。
2012.02.03 面接
愛知県の東三河地方で採用になるようです。
愛知県とはいっても、ちょっと雰囲気がちがうらしいです…
静岡色が入るんでしょうか。
今日は面接のため、豊橋市へ。
乗り継ぎ3回、3時間以上かけて行きます…
スリランカの移動に比べたら、快適そのものです。
それにしても、マイナス13度って、長野県・愛知県、どうなってんですか?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。