上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.22
荷造り中です。
このトイレの壁も撤去します。

プリズン・ブレイクのマイケル・スコフィールドのイメージなんだけど…
要は楽して覚えるだけ。
楽するための苦労は惜しまない、自分らしいやり方かと。
この中から、面接・試験の答えも出てきました。
頑張っておいてよかった…
スポンサーサイト
2011.12.21 ついに!
バイトが終わりました。
ここ数ヶ月、週5~6、立ちっぱなしで仕事…
慢性的な足のしびれが、ようやく収まってきました。
いろんな人たちと出会いました。
できれば、波風立てず、誰とでも仲良く接したい。
こんな望みが、とても難しいことだとは思ってもみませんでした。
自分の考えの甘さ、痛感したけど、それでもいいんじゃないかと。
わかってくれる人はわかってくれる。
そして、そんな中、不惑を迎えました。
すでに人生の折り返しは過ぎているでしょう。
それでも、新しい仕事、生活、そして旅に胸を躍らせることができるなんて、本当に恵まれています。
出会ってきた人たち、経験した出来事に感謝しつつ、家を引き払う準備に入ります。
年末年始は愛すべき故郷・北海道です。
そして年明け後間もなく、スリランカへ向かいます。
9月から12月までの約4ヶ月、自動車部品工場で派遣社員として働くことに。
製造業って言うんですね。
いやぁ・・・ナメてました、製造業・・・
日々腹の立つことばかり、ストレスで頭にできものがたくさんできました。

愚痴を言い始めるときりがないので、よかったことをひとつ。
お金が貯まりました。
12時間勤務を週6で約一ヶ月とかしてたんで・・・

晴れて年末には北海道へ里帰り。
一旦車を実家に置くので、フェリーで名古屋発2泊で苫小牧へ。
片道約33,000円。結構痛い。

年明けには約3週間、マレーシア経由でスリランカへ。
エアアジアというローコストキャリアを使って、初の関西国際空港発着です。
苫小牧からフェリーで名古屋に2泊かけて戻り約1万円。
名古屋・大阪間の移動方法は、いろいろありそうなので未定。
航空券は大阪・クアラルンプール往復が約4万円。
クアラルンプール・コロンボ往復が約270ドル=約21,000円。

一旦帰国し、採用のための面接。
2月中旬から一ヶ月、ソウル・ロサンゼルス経由でメキシコ・ペルーへ。
初の中部国際空港セントレア発、ソウルで乗り換え、ロサンゼルスへ。
がんばって貯めていたマイレージが功を奏し、ロサンゼルスとメキシコ・ペルー間の航空券はほぼ無料!
往路でメキシコシティにてストップオーバー、メキシコ国内を横断しグアテマラのティカル遺跡へ。
その後ペルーでは、マチュピチュ、クスコ、リマを周る。
帰国はロサンゼルスからソウルで乗り換え、北海道・千歳へ。
国内・ロス間の往復航空券がで約12万円。
国内発着を別の場所にできるのはありがたい。

この計画を考えながら、つらい仕事に耐えてきました。
ランカでの再会。
ほんの数泊だけど、初上陸のマレーシア、ロサンゼルス。
初のスペイン語圏、中米メキシコ+グアテマラと南米ペルー。
ティカル、マチュピチュ。
メキシコシティ、リマ、クスコ。
見どころ満載。
いよいよです。

ただし、今回は予算的に明らかに無理をしている。
さらなる円高と、現地の物価が安いことを祈るばかりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。