上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.01 活動報告
遅ればせながら、帰国時に作成した活動報告のムービーを公開することにしました。
今後、里帰りが実現できれば、「へなちょこバレーボーラー リターンズ」(仮)の作成もありえるかもしれません。
少々長く、素人丸出しですが、見ていただけると幸いです。

スポンサーサイト
「チケラー」
治験で荒稼ぎするツワモノのことを、そう呼ぶそうである。
そもそも治験とは!?
ストレートに言えば「薬の実験台」
裏バイトとして噂に名高い。
短期・高額を期待し、ネットで探してみる。
札幌市内でも行われており、「治験ボランティア」として募集されていた。
物は言いようである。
登録制ということで、早速登録。

いろいろな検査があるそうで、申し込み後、まずは健康診断を受ける。
ここで、検査に適する人が晴れてチケラーとなれる。
自分は、惜しくも補欠。
検査前日から対象者が入院するのだが、そこに一緒に一泊し、翌朝、辞退者や体調不良者がいれば採用。
入院施設は、ワイヤレスLAN完備で持参PC使い放題。
マンガも大量に取り揃えていて、自由に見れる。
ただし、外出はできず、定期的に投薬、採血となる。
居眠りも不可。
今回の検査は、3泊4日程度で約7万円。
自分は海外ドラマ「LOST」のシーズン4を、一気に全部見ようと目論んでいた。

残念ながら、辞退者・体調不良者が出ず、持ち帰って見ることに。
一泊分の稼ぎにしかならず、レンタルDVDと差し引いて、安いバイトとなりました。

どうやら生死に関わるような検査はないようで、事前に丁寧な説明を受け、いつでも辞退できることを念押しされました。
いたって安全なようで、チケラーとして病院職員と顔なじみの人も。
時間のある方、いかがでしょう?
北海道を離れる直前、3月から一ヶ月間、いよいよお金に困りバイトすることに。
学生のころ以来、17年振りである。
何も分からず、なんとなく「派遣」なるものに登録してみる。
紹介されたのは・・・
「大手旅行会社でメールの問い合わせに答える仕事です」
とのことだった。

札幌のド真ん中、巨大なビルを指定され、行ってみる。
ワンフロアすべてぶち抜きの一つの部屋になっていて、いわゆる「コールセンター」
いろんな問い合せ先が同居していて、電話で答える人、メールで答える人、さまざまである。
一週間、研修として受け答えの方法を教わり、
「徐々にお知らせメールを配信するので、少しずつ問い合わせがきます。」
この時点で、3月7日。
数日はほとんど仕事なし。
そして11日に大震災が。
「震災なので、お知らせメールの配信を停止します。」
ということは、問い合わせがくるはずもない。
一ヶ月、ひたすら机に座り時間をやり過ごすことに。

ただし、指定されたタイピングソフトでタイピングの練習はしてもよいとのこと。
なんと、日本史の年号、世界の首都を答えるものがあり、一ヶ月ですべて完全に暗記。
アンティグア・バーブータの首都なんて、こんな機会でもなければ覚えることはなかったでしょう。
採用試験に有効なアルバイトになりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。