上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試験がすべて終わりました。
がんばってきたことが出た面もありますが、やりたりなかったことが明らかになった部分もありました。
もっとやっておけば・・・
とはいえ、できた・できないがはっきりわかっていることは、大事なこと。
試験が終わったのに、なんとなく勉強しなおしたりしていて、なんだか不思議な感じです。

試験に受かることが目的だったけど、その先の「中学校の社会の先生になる」というゴールを目指しているんだった。
いろんな人に励まされ、支えられ、お世話になり、今の自分がある。
感謝しています。
いつか、しっかり子どものためになれる先生になります。
応援ありがとうございました!

次なる目標は、「スリランカ&北海道への里帰り」
そして、再び海を渡り旅に出ること。
あくまでも、合格した暁には・・・ですが。
密かに準備を始めます。
スポンサーサイト
2011.08.20 感動?その2
19日、決勝戦のテレビ中継がありました。
第1セットの1点目をとったところで、まさかの放送時間終了。
あまりのタイミングのよさにshu2からは「スリランカらしい」とのメールが。
ヒロりんも電話をくれ、明日以降の放送に期待しようと。
我慢しきれず、結果は電話で聞いてしまいましたが・・・

翌日、2次試験第一弾である堺市に向かい、到着後はりきってネットカフェへ直行。
放送スタートと同時に試合の模様が流れたのですが、なんと!ダイジェストで終了。
ほんの数分で終わって、当日分の生中継に切り替え・・・
ほかの試合は全部流したくせに・・・!!
結果は・・・
1セット目を落とし、残り3セットを連取、念願の優勝!!
電話で聞いたところによると、ジャンプサーブ打ってるとか・・・
(雑音と忘れかけているシンハラ語でうまく聞き取れず)
昨日唯一見れたプレーは、バックアタックでの得点。
今日のダイジェストでは、バックトスをセンターが回りこんで打っていた。
フットワークはスリランカらしさが抜けていないが、全体的な動きはいたってスムーズで、やきもきせずに見れる。
3セット目、4セット目は圧勝だったらしい。

隊員仲間が写真を送ってくれたり、ビデオを撮ってくれたり、メールやコメントも送ってくれたり、非常に盛り上がったらしい。
自分はというと、ネットでゆっくり見れると思っていたので少々がっかり。
でも、優勝したことは確か。
カウンターパート・スニルさん、「インタビューではKのこと話しておいたんだけど・・・」と残念そうにもらしていました。
いろんな人に支えられて活動してきたことが、帰国して1年以上たって、ひとつ実を結びました。
応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました。

チームが目標を達成してくれたことは、本当にうれしい限り。
ただ、その場面にいられないことへのやるせなさがどうしてもぬぐいきれない。
自分は、もう一度、子どもや仲間と力を合わせて何かを達成し、感動する場を求めているのだ。
そのためにも、まずは試験に合格すること。
明日から4日間、今度は自分ががんばって結果を出す番だ。
一次試験の結果が出ました。
堺市は全員無条件で2次試験まで受験させてくれます。
愛知県は無事1次通過!
本命・長野県も無事1次通過!
今月下旬、4日間連続の試験ツアー「from 堺 to 長野」に出ます。
最終日が本命・長野県。

堺市は、1次試験の模擬授業・個別面接がひどい出来で、まったく受かる気がしません。
1次試験が合否の50パーセントを占めているからです。

愛知県は、2次倍率が3倍程度の予想。
2日間かけて、適性・クレペリン・小論文(1次でもあったのに・・・)・専門教養・集団討議と盛りだくさん。

長野県は、全体の倍率から予想すると2倍程度で一見ラッキーかと思いきや、社会人選考の採用は全体の1割程度とされているので、どうやら甘くはなさそう。
全体の最終日に、模擬授業と個人面接。
勉強してきた集大成をぶつけてきます。

============================
1次試験・長野は、元スリランカ野球隊員・urushiと一緒に受験。
愛知県では、駒ヶ根訓練所同期の同じ班の班長・カトQと再会。
面接では、隣の人が元ニカラグア隊員で、同期のニカラグア隊員とお知り合い。
堺市の受験では、大阪の元スリランカバレー隊員のRちゃんと再会。
みんなそれぞれに自分の人生を切り拓いていて、非常にいい刺激になりました。
============================

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。