上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オールアイランドトーナメント終了後、翌週に突然、オープン(年齢制限なし)のトーナメントがあることが判明。
しかも、それは「Dialog」というスリランカでも有数の電話会社(auみたいな感じ)が主催で、決勝はTV中継!!
出身地ごとに参加する形で、日本では国体みたいな感じのもの。
オープンだけに、学生の我がチームには非常に分が悪いのだが、経験重視のスニルさんと自分は当然のように参加決定。
オールアイランドトーナメントに出たU-15を中心に、卒業生2人、U-15のセッター・アヌッタラーの姉で20歳のアヌーシャと、去年卒業したエース・ニランティカ、当時の主力・ラサンティを召集、練習にこれるU-17からも2名追加して挑戦することに。
アヌーシャはジュニア代表を経て、今はエアフォース(スリランカ空軍)のチームでプレー中。
ニランティカは元々ユースのキャプテン、DSIトーナメントでは他の学校の助っ人として参加して全国制覇。
しかもMVPまで受賞している。
2人がいれば、年齢制限なしとはいってもなんとかならないこともないのだ。

ところが、ニランティカの学校側が、まったく連絡がつかない。
というか、露骨に居留守までつかって、音信不通。
どうやら選手を出したくないらしい。
激怒するスニルさん。
結局県予選、州予選ともニランティカ抜きで臨むことに。

県予選は全く問題なく勝ったものの、州予選になるとさすがに甘くない。
初戦はいきなり1セット目を落とす。
こちらはアヌーシャ、ラサンティといるとはいっても二人とも20歳以下。
ほかはU-15が4人なのだ。
日本ではありえない年齢構成で大人を相手にしているのだから、無理もない。
ところが、2セット目から盛り返しフルセットに。
しかもあれよあれよと3セット目もゲット!
決勝進出とともに全国大会への切符を手にした。
決勝は見るからに格段の差があるチームが相手。
ところが1セット目は結構競る。
痛いところでサーブミスが続き20点どまりも、勝てない感じではない。
年上のアヌーシャ、ラサンティが若い子たちを盛り上げようと声をかけながらいい感じで2セット目へ。
ところが、なぜか雰囲気激変。
ミス連発であっさり敗退。
いつもどおりのことが全くできずに終わる。
ただ、普通にできれば通用しないことはない、ということが全員わかったようで、経験としては貴重なものとなった。
U-15のエース・アチニが、大人にもまれながらも徐々にポイントゲッターとして機能し始めた。
まだセッターを初めて2ヶ月程度のコーシャラーも、時々きれいなトスを上げるようになってきた。

全国大会にはニランティカも合流予定。
ひとつでも多く勝てるようにがんばるだけである。
スポンサーサイト
2009.10.07 忠犬シロ
すっかりセーラシンハ家の一員として定着したシロ。
見知らぬ野良牛や、怪しい野良犬に吠えまくり、奥さんや子供からもしっかり信頼を得ている。
自分以外の家族に「おすわり」と言われても、しっかりやるようになった。

最近、自分が帰宅すると、やたらと庭の紅茶畑に向かって吠えまくっていたので、なんでだろう・・・?と思っていた。
よく見てみると、吠えてはいるが、追い払いにはいかない。というか、腰が引けている。
なにか手が出ない生き物がいるのか・・・??
カメラ片手に近づいていくと、シロは自分の前に回って吠えまくる。
なかなかの忠犬振りである。
そこで撮影したのがこれ。
全長2メートルはあるオオトカゲ!!
シロは、腰が引けながらもガンガン吠えまくり、家の裏手にある川に追い払ったので、正面の写真が撮れなかったのがちょっと残念。
顔アップ
オオトカゲアップ
うしろ姿
オオトカゲ背中

こんな忠犬シロ。
おとなりの飼い犬ルビィと仲良くなり、よく遊んでいる。
ルビィは生まれた直後から人に慣れているため、自分にも飛びかかって抱きつき、ジャレてくる。
シロはというと、学校で子供たちに多少荒っぽくいじられて育ったので、抱きついてジャレたりはできない。 (「新たな家族」参照)
自分の周りを走り回って、一人で盛り上がっている。
自分に飛びついてジャレているルビィを追い払おうとするのだが、少々身体の大きいルビィはものともしない。
へそを曲げて、しばらくどこかへ行ってしまうことも。
そんな子供っぽいところ(実際まだ子供なのだが)は、なかなかかわいいものである。
シロとルビィ
タイトルは、大橋巨泉風に呼んでもらうことを前提にしています。
1ルピー=約1円で計算してください。
スリランカで買った品物いっぱい!(ここは愛川欽也風に)
左から・・・
ジレットのシェービングフォーム(小)100ml
パンテーンのコンディショナー200ml(日本より種類が多い)
ペプシ500ml(スリランカ人は通常、175mlとか300mlのビン入りを飲む)
コンタクトレンズ洗浄液コンプリート(大都市のスーパーで買える)
以下はスリランカ製
マカロニ400g(デニヤーヤでは数ヶ月に1回入荷・即まとめ買い)
トマトソース(ビン入り)400ml
(下)果物(ウッドアップル)のジャム300g
(上)マスタード170g
ハウマッチ1

正解の発表です!
ジレットのシェービングフォーム(小)100ml=199ルピー
パンテーンのコンディショナー200ml=250ルピー
ペプシ500ml=75ルピー ちなみに1.5リットルになると150ルピー(いずれも冷えてるものは5ルピー増し)
コンタクトレンズ洗浄液コンプリート=750ルピー
以下はスリランカ製
マカロニ400g=130ルピー
トマトソース(ビン入り)400ml=180ルピー
(下)果物(ウッドアップル)のジャム300g=120ルピー
(上)マスタード170g=115ルピー

============================================================

初めて海外(タイ)に行ったとき、日本でもおなじみのセブンイレブンで、15バーツと12バーツのミネラルウォーター、どっちにするかで迷っていた。
当時は1バーツ=約3円。
しばらく考えて、45円と36円で悩んでいるのかと思うと、なんだかよく分からなくなってきた。
国が違えば、物の価値は違う。
とはいっても、実際には同じもの。
値段って、いったいどんな風に決まるんだ??
よく分からないが、とりあえず、日本の物価が高いということだけは確かなようである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。