上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.30 1年経過
いつの間にか1年経っていた。
ちょっと前まで、もうすぐだなぁ・・・なんて思っていたら、過ぎていた。

先日、バレーボール連盟とJICAスタッフを交えてのミーティングがあり、残りの一年もデニヤーヤで過ごせることが決定。
なぜ自分がここに送られたのか。
それはデニヤーヤ・St,Mathew'sの希望によるものらしい。
ひとつのチームを強くするためには、相応の時間がかかってしかるべきだと思う。
自分は後任の隊員もデニヤーヤに欲しいと希望した。
後任がきて、日本的指導が継続されればされるだけ、効果は期待できる。

ただ、それは「国際協力」という観点からは微妙に意味が違ってくる。
「日本の援助」としては、バレーを指導するのであれば一点集中は必ずしもいいとは言えない。
「なぜあそこだけ・・・」そう思われるのは好ましくない。
そして、自分が去った後、また協力隊員を呼びたいと連盟は考えているのだが、それはどうも別の土地らしい。
いろんな思惑があるのは当然。
自分は「国際貢献したくて」というのとはちょっと違って、「バレーで誰かの役に立てれば」というスタンスなので、「青年海外協力隊員」としてはちょっと毛色が違う部分があるのは事実だし。 (HP参照)
できれば「こんな田舎の小さな学校でもやり方次第で強くなれる」ということを、スリランカ中に伝えたいのだが、それはあくまでも自分の希望。

そんな中、自分にできることは、今いるチームの役に立つこと。
今、自分はこのチームに必要とされていて、1年近くやってきて、自分も子どもも手ごたえを感じている。
ただ、それは「試合に勝てる」という手ごたえだけじゃない。
「バレーはもっとおもしろいかもしれない」という手ごたえだ。

毎日掛け声をかけて走り、ウォーミングアップ、基礎・・・
練習すれば、試合でできるようになる。
それが試合でいいラリーを生む。
バレーの醍醐味はやはり「ラリー」だと思う。
助け合ったり、相手の考えを予測したり、あの手この手で長いラリーをものに出来たとき。
チーム一丸となって盛り上がる。
そんな一体感が、少しずつ強いものになってきている。

気がつけば、コート2面はなかなか立派だし、いろいろ設備も整ってきた。
みんな子どもが作った。壊れたり、ダメになったものも多いが。
自分は横から口出ししただけ。

1年後、自分はいなくなる。
でも、きっと、このコートは残る。
そこで練習してきた子たちも残る。

伝えたいこと、残したいことはいくらでもあるが、やれるだけやる。
ほぼ毎日グランドで怒鳴り散らし、真っ黒に焼けた肌は、ホントにスリランカ人と変らない。
日付も忘れるくらい夢中になっているなら、なお結構だ。

こんなに充実した日々を与えてくれた、家族、親類、友人、JICA、かつての職場、今までの人生すべてに感謝したい。

======================================================================

今日、色黒度チェックしました。
左が自分で、あとはスニルさんのとこの姉妹タルシとチャトゥミ。
イマイチ映りがよくないけど、ホント同じくらい真っ黒なんです。
色黒チェック

スリランカで自分が一番お気に入りなのは、こんな帽子をかぶった子どもかな。
デニヤーヤでは、ちょっと涼しいときにはたくさんいます。
お気に入りの帽子
スポンサーサイト
2009.06.22 知らない世界
州予選をなんとか突破したU-14女子。 (「州予選終了」参照)
本当なら、年長の子がもう一人いて、穴のないバランスのいいチームだった。
なぜその子がいなくなったのか。
転校したのだ。
理由を聞き、信じられなかった。
知らない国、町に来て一年。
こんな知らない世界があることを知り、改めて驚かされた。

チームにいたその子には弟がいるのだが、先月ちょこちょこその子(弟)が母親に連れられて、スニルさん宅に来ていた。
授業中にも関わらず、制服も着ていない。どうやら授業には出ていない。
スニルさんはかなりやり手の先生らしく、問題児の対応に結構駆り出されるそうだ。
そして、今回もなにやら問題発生らしい。
その男の子、なにやら泣くばかりでほとんど話をしたがらない。

何日かそんなやり取りが繰り返され、こっそりスニルさんに事情を聞いてみた。
その子は元々あまり素行のいい方ではなく、学校をサボってチョロチョロしているような子だったのだが、そんなことをしているうちに、よからぬ大人に連れ去られ、脅されていたずらされたらしいのだ。
そしてそれは、外国人観光客を相手に、地元のよからぬ大人が提供していることらしく、外国人観光客はビデオにまで収めて帰ることもあるらしい。
よからぬ大人だけあって、今回はきっちり子どもを脅して口止めしていたらしい。
まさか自分の身の回りでそんなことが起こってるなんて、想像もしなかった。

そして、こういう話はどこからともなく広がるもので、姉ともども学校にいづらくなり、転校する運びとなったそうだ。
人の悪口、噂話が大好きと言われるスリランカ人。
自分はほとんど気にしない(というかイマイチ会話についていけない)ので実感はないのだが、他の隊員の情報によると、そういう傾向は非常に強いらしい。
周りの目を気にして、転校を余儀なくされるなんてことも、あり得なくはない。

犯罪を犯したならまだしも、単なる被害者になっただけで、こんなことになってしまう社会。
日本でも近い部分はある。
被害者はあくまでも被害者なのだが、被害者の責任が取り沙汰される場合もある。

自分はかつての職業柄、加害者の話はたくさん聞いてきた。
根本的に、加害者がいなければ、被害者はいないわけで、「被害者も悪い」という考え方は少々的を外していることが多いと、自分は思う。
ただ、そういう考え方は通用しない場合も多く、どちらかというと自分のはかない希望に近い。
加害者も、被害者も、どちらもいない、犯罪のない世界なんて、夢物語なのだろうか。


========================================================================


この本には、ある犯罪の被害者の置かれるつらい立場が切々と書かれていて、読んでいてすごく気分の悪くなることがあった。
でも、それは被害者という人たちが被る理不尽でやりきれない立場が、克明に描かれていたからだとも言える。
模倣犯1 (新潮文庫)模倣犯1 (新潮文庫)
(2005/11/26)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

この宮部みゆきの作品には、単なるミステリーにとどまらない、強いメッセージが込められているものがよくある。
「魔術はささやく」「レベル7」「火車」「理由」「龍は眠る」「クロスファイア」「誰か」「スナーク狩り」etc...
自分の好きな作家の一人である。
2009.06.17 州予選終了
U-14女子、U-16女子が参加した州予選。
昨年秋に同じチームで参加した「DSI ALL ISLAND TOURNAMENT」は、U-14が県予選初戦敗退。
U-16はエース・ニランティカを欠きながら、県予選2位、州予選ではニランティカが合流し1位。

昨年秋と比べ、両チームともローテーションがスムーズになり、サーブも強く打てる子が増えてきたので、多少の成長の手応えはあった。

U-14には「スパイクを打とう」という目的を徹底して、練習してきた。
メンバー構成は13歳が1人、12歳が5人という一見苦しい布陣だが、若い5人のうち3人は長身、一人はすばしっこくボールコントロールもいい。けっして他チームに引けは取らない。
直前に昨年秋にはスタメンにいた13歳の子がある事情(これは別の機会に)で転校。
練習に合流して間もないタミル人のスバーシニィのフットワークと血統(姉が昨年までU-16で活躍していた)に期待して起用、という点が不安材料だった。何よりもサーブが入らないし。

いざ始まってみると、年下とはいえ抜群のジャンプ力を誇るアチニのスパイクが好調。
ミートの悪さが好影響し、エルボーアタック、全力チップ(こんなスパイクはほめられないのだが・・・)といったスパイクながらも得点源としてちゃっかり機能して、1、2回戦突破。

アチニと、レフト対角を組むイシャーラが好調で、いい感じで臨んだ3回戦。
対戦相手はうちよりも大柄で、きちんと3回でスパイクを打つときは結構強打もしてくる。
雨でたびたび中断しながら、がっぷり四つに組んだ展開で僅差で1セット目を失う。
気を取り直して、2セット目開始。
ただ、度重なる雨でコートに水がたまり、滑って跳べない。
開始早々、2回連続でアチニがスパイクしようとして滑って転び、とても試合にならない。
「やってられるか!」と猛抗議。
しばしの協議の末、コートを移ることに。
なんだか怪しい展開。
2セット目をなんとか奪い、3セット目に突入。
終盤になると雨は収まったものの、暗くなってきた。
20-17とリードして、終盤に差し掛かったところで、相手が「暗い」と騒ぎ出した。
気にしないで続行し、21-17。
そこで相手から抗議が。
そんな抗議を聞いてる暇があったら、サッサと終わらせよう、というのはこっちの当然の言い分。
「あと5分だけやって様子を見よう」なんて中途半端な判断を言い出す審判団。
結局、この抗議が長引いて真っ暗になり、試合続行不可能に。
なんと翌日仕切り直しで再試合、はじめからやり直しである。

とはいっても、こちらはやればやるだけ「スパイクを打とう」という意識が明確になってきて、安定してきていた。
翌日の再試合は危なげなくストレート勝ちし、準決勝へ。
ここで期待のサーブにミスが連発し、フルセットに持ち込むのが精一杯であえなく敗退。
3位決定戦に回ることに。
相手にリードされ切羽詰って、明らかに普通のサーブが打てなくなり、気持ち的な弱さを露呈することになった。
「相手が強いんじゃなく、自分たちの問題だろ?」
全員が大きくうなずいていた。

3位決定戦、対戦相手はなんと、昨年秋の初戦の敗退相手!
勝てば全国大会出場なのだが、気持ち的に弱いのでまったく触れずに試合に臨んだ。
この対戦相手、典型的ノースパイクチームながらも、その徹底振りに磨きがかかっており、レシーブミスの少ない、チームの意識の統一された好チーム。だが本当にスパイクはまったく打たない。

昨年はこっちが相手のペースに飲まれ、何もできずに負けた。
自分的にも、練習したことを徹底できなかった、非常に悔いの残る試合だった。 (「県予選」参照)
今までの練習で徹底してきた「スパイクを打とう」ができるかどうか、それが勝敗の鍵である。

始まってみると、チャンスボールを普通に切り返して攻撃することができ、危なげない展開。
ただ、サーブミスでペースをつかみきれず、終盤に近づくにつれイライラの募る展開に。
なんとかストレートで勝ったのはいいが、自分もスニルさんも子どもたちも納得のいかない、非常に課題の残る試合。
ただ、昨年惨敗した相手にしっかり雪辱して、全国への切符を手にできたのは何よりである。
あと3ヶ月で、全国で勝ち進めるチームにしなくては。

練習不足ながらも、それを自覚して手っ取り早く「サーブで得点しよう」と練習してきて臨んだU-16。
1回戦こそ楽勝だったが、その後はフルセットの連続。
どの試合も、連続サービスエースがあったり、連続ミスがあったりと、非常にムラのある展開。
競った展開にビビって、スパイクを打たずにチャンスボールを返すという、非常に弱気な面を露呈しながらも、さすがに全国大会を何度も経験している子たちだけあって、随所に勝負強さを見せ、しぶとく勝ち残る。

今大会、あまりの決定力のなさに痺れを切らしたスニルさん、2回戦から、最近急に身長が伸びてニランティカを除けばチーム最長身となった年下のクスンをレフトに入れようと言い出した。
ただ、これは最近の練習で自分が「クスンは打てるようになっている」と言い続けていたこともあり、思い切って起用してみることに。
これが大当たりで、ネット際でちょこちょこプッシュ気味のスパイクが決まり、すっかりレフトとして定着したのは願ってもない収穫だった。
とはいえ、強いサーブの代償として、サーブミスによる失点も多数献上。
2回戦以降、3回戦、準決勝、決勝、すべてフルセットという、まったく勝った気のしない状態(最後も25-23)だったが、終わってみれば優勝。
準決勝では昨年の県予選で2位に甘んじた相手 (「県予選終了」参照)に雪辱もでき、エース抜き、練習不足という条件では上出来の結果。
エース・ニランティカがビーチバレーのジュニア代表として4月から招集されて不在なのも今月いっぱい。
得点力不足や新たなローテーション作り、練習時間不足の中でどれだけサーブに安定感を持たせられるかなど、課題だらけだが、ローテーションの仕組みを理解してスムーズに動けることを証明して見せた今大会は、今後に期待を感じずにはいられない大会になった。

と、まあ、上々の出来で一安心したのも束の間、昨年10月予選スタートだった「DSI ALL ISLAND TONAMENT」が、3ヶ月前倒しで来月上旬予選スタート、下旬全国大会との通知が。
年齢区分が1年ずれている大会なので、新たなチームを作り直さなくてはならない。
そして今回代表権を獲得した全国大会は、その1ヵ月後。
条件はどこも一緒かもしれないが、いったいどうなってんだ・・・??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。