上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと前に、隊員仲間(♀)から「恋愛にガツガツしてなさそう」と言われた。
ちょっと待ってくれ・・・
恋愛が無用なものなどとはこれっぽっちも思ったことはなく、正直ガツガツした部分もあるのだ。
先月37歳になった。
今まで好きな人と付き合ってきた中で、好きな人と一緒に生きていけることの幸せは少なからず実感してきたし、今でも「好きな人と一緒になりたい」という気持ちは普通以上に持っている。
妹や先輩、同級生、後輩が家族を持つ姿を日本でたくさん見てきて、「なんかいいなぁ・・・」とも思っている。
こっちにくることにした時点で、「あきらめたと思った」「もう無理だ」といった人も多かったが、けっしてそんなことはないと信じている。
そんな中、最近読んだのがこれ。
「私という運命について」
白石一文
私という運命について (角川文庫)私という運命について (角川文庫)
(2008/09/25)
白石 一文

商品詳細を見る

ある女性の20代後半からの10年間の物語。
付き合っていた男性からのプロポーズを断り、その後、別の人との結婚を考えるようになる。
ひょんなことからその人との結婚を考えられなくなる。
そして、かつてプロポーズを断った男性とのことを振り返る。
彼女自身は、幸せになろうと一所懸命に考えながら、一所懸命に生きているのだが、自分にはどうすることもできないような出来事に振り回されながら、自分自身で行動を選択して生きていく。

人は誰もがそうやって生きていくしかなく、そうやって生きているのだ。
その結果を「運命」と呼んでもいいと思う。
それは、終着駅ではないが、停車駅ではあり、その瞬間、その瞬間が運命そのものであり、その運命がその後の運命を作っていく。
当然、いいこともあれば悪いこともある。
ただ、それは結局のところ、すべて自分で選んできた結果なのだ。
物語の中で・・・
「選べなかった未来、選ばなかった未来など存在しない」
という言葉が出てくる。
自分に起こるあらゆる出来事、そしてその中で生きていく上で下される自分の決断。
それこそが運命を作り、未来を現在に変えていく。
ほかのものは存在しないのだ。

自分で作り出せる未来があるなら、自分で作る。
受け入れることしかできないものがあれば、しっかり受け入れる。
ただ、一生独身というのだけは、ちょっと受け入れがたい。
スポンサーサイト
同じスリランカで活動する野球隊員のブログをリンクに追加しました。
なんと彼は!!ナショナルチームを率いています。
クリケットがさかんなスリランカでは、非常にマイナーな野球。
どうしてあのスポーツのおもしろさを知らないんだ・・・
そしてどうしても好きになれないクリケット。
練習の邪魔になる奴らも来るし。
スリランカ野球ナショナルチームの練習、休みが合えば手伝いにも行ってます。(まだ何回かしか行ってないけど)
ノックしまくって手の皮剥けました。
でも、選手はみな一所懸命!
仕事をしながら、週末に練習できるグランドを探してスリランカ中を飛び回り、日本でバレーしてたときのクラブチームみたいに苦労しながらがんばっています!
そして2ヵ月後にはフィリピンでのアジアカップに参加します!
応援してあげてください!

野球やろうぜ!!~熱い戦い~
2009.01.26 朝錬スタート
11歳の子たちのセレクションもひと段落。
とはいっても、大雑把なセレクション。
そして大雑把な学校運営。
朝になっていきなり「これからグランド行くけど、練習できる?」なんて言われるのだ。
無計画なところだけは「そういうの嫌い」というアピールを込め、きっちり断ってきた。
年明けからは、タイムテーブルを作って公開。
そんなものには慣れていない子どもたちだから、時間だけは守らせ、誰でもきていい形にして徐々に慣らしてきていた。

その結果・・・放課後の練習がどうにもうまく回らなくなってきた。
ずっとがんばってきたU-16男子。
ようやくその気になってきたU-14女子と、女子につられてその気になってきたU-14男子。プラスタミル人クラスのセレクション通過メンバー。
そして際限なく現れるU-12の子どもたち。しかもシンハラ人クラスプラスタミル人クラス、ともに男女。
グランドこそ広いが、9個しかないボール・・・
ついでに根強いクリケット人気。
動物園に近い。

そこでカウンターパート(相棒)のスニルさんから提案が。
「7時半から9時までで小さい子どもを見よう」
スニルさんは学校の授業がある(体育の座学が結構多い)ため、校長はじめ先生方への根回し担当、練習は全部自分の仕切り。
まあ、普段の練習どおりなので特に問題はないのだが、いかんせん子どもが幼い。
シンハラ人クラスとタミル人クラス、別々に行った初日は、両方ともとんでもない人数になり、一苦労だった。
ただ、まじめにバレーをやりたい子も多く、終了時に・・・
「時間に遅れた子、着替えていない子は学校に返す」として人数を絞る作戦に。

そしてシンハラ人クラス・タミル人クラスとも2回目、その上初の試み合同の朝錬を決行。
「列を作って待っていること」と伝えておいたタミル人クラスがきれいに並んでいたので、それをネタに伝えていなかったシンハラ人クラスをあおって並ばせる。
かわいいもので、こういう作戦には見事に乗っかってくれる。
1回目の練習では「列に並ぶ」「気をつけ」「休め」とランニング、うま跳び程度しかやらなかったのだが、きちんと覚えていて、総勢50人以上が程なく整列。
朝錬スタート
そして、毎回お約束の掛け声付ランニング。
ホントに鑑別所や少年院で号令かけてた経験が役に立っている。
50人以上が元気に声出ししているのを聞くと、こっちまで元気になってくる。
2回目以降、やる気のある子が徐々に絞られてきたので、練習も少しずつスムーズに。
その上、やる気が有り余ってる子は放課後も来ている。

まだまだバレーを教えるという段階ではないものの・・・
「きちんと話を聞く」
「"Sir(先生)!見て!"と騒がない」
「誰かに教えているときに、それを聞いて覚える」
ということが日ごとに浸透してきている。
セレクションで自分が選んだ子たちは、自分が直に名前を聞いてチェック、まめに声をかけているので、その子たちはすっかりその気になってがんばっている。
今後が楽しみである。

とはいっても、U-12は大会では4人制バレー。こんなにいると選ぶの大変だ・・・
自分がバレーを始めたのとちょうど同じ年頃の子どもたち。
当時の監督、コーチってこんなに大変だったんだ・・・改めて感謝です。
年明けから、タミル人のクラスから選手をセレクションしたり、セレクションから漏れたシンハラ人のクラスの子も放課後の練習に参加できるようにしてみたところ、案の定人数が飽和状態に。
11歳(7年生)の子が増えたため、一気に練習が動物園状態になっていた。
その中でもボール5個でやりくりしていたので、カウンターパートのスニルさんに話してみたところ、ボールを3個出してくれた。っていうか、なんで寝かしてたんだ・・・
このボール、卒業生でジュニアの代表になったアヌーシャが、昨年のアジアジュニア選手権(チャイニーズタイペイ)に参加、事前の合宿で日本に行ったときにもらってきたもの。静岡県内の高校のお下がりである。
さっそくチーム名を入れさせたのだが、字はこんな感じに。
ちゃんと言ったはずなのに、しっかり1個は逆さまに書いてくれました。
ニューボール

ボールが増えたので、持ち運びしやすいようにまたまたボールバッグを作成。
今までの経験を踏まえ少々大きめに。その結果、10個は入るものが完成!
ボールバッグ4号(1個入りも作成したのでそれが3号)と期待の9年生(12~13歳)アチニとアヌッタラー。まだ、まじめさと身長しか取り柄はないけど。
ボールバッグ4号とアチニとアヌッタラー

その勢いで、燃やされたボールかご(「悪い奴ほどよく眠るその2」参照)の網も再度作成!かごに付ける前はこんな感じだった。
これは緑と赤の2色づかいで、かなり見栄えのいいものになったが、うっかり完成品の写真を撮り忘れた。
そして、もう2度と見ることはない。
スニルさんの娘チャトゥミと音楽の先生の娘ウィシミ(これはNHKの朝の連続ドラマ「おしん」からとった名前)2人とも今月から1年生!(スリランカでは5歳で小学校入学)
ボールかご用バッグとチャトゥミとウィシミ

このバッグとかごの網、盗まれました。
ボールかごはグランドの脇の草むらに隠していたのに、きれいに取り外されていた。
そして、ボールバッグはきちんと更衣室として使っている小屋にしまっていたのだが、そこにボールだけ残されたまま、なくなっていた。
簡単に盗める場所に隠したり、しまっている小屋に鍵をかけてなかったり、こっちの問題もある。
とはいえ、盗む人間がいることは許せるものではない。

来月から「ハウスミーティング」と呼ばれる体育祭みたいなのが始まるため、最近クリケットをしにくる子どもが増えていた。クリケットも種目の一つなのだ。
そのついでに、バレーの練習への冷やかしの声も結構聞こえていた。
ただ「ハウスミーティング」は、ただの体育祭なので、当然バレーのチーム優先。(大会にも参加する部活なので)
自分はそんな連中に構ってる暇があるなら、少しでも練習してる子を見たいので、完全無視していた。

ボールバッグ類がなくなった日の朝、きちんとしまっていたボールが、なぜかグランドに放置されていて、ボールをしまっていた小屋には喫煙の形跡まで見つかった。
自分は練習終了後、子どもが着替えを終えて下りてくるまで待っているので、練習に来ている子が喫煙などできない。
その日以来、パッタリこなくなったクリケットメンバーが数人。

自分は毎日学校の授業をのぞいて回り、まじめにやっている子には声をかけている。
授業も聞かずに自分に声をかけてくる子どもは無視。
それがパッタリこなくなったクリケットメンバー。

何かに一所懸命取り組むでもなく、一所懸命な人に迷惑をかける人間にやさしくする気はない。
ただ、そうすれば、そういう人間からは当然反感を買う。

邪魔して何が楽しいんだ・・・
まったく理解できないが、ここは厳しい先生を自負する2人、カウンターパート・スニルさんと大家でもあるセーラシンハさんに相談。
ちょっと自分ひとりで対応するのは無理がありそうなので、いろいろな人を巻き込んでいく作戦に。
犯人は分からずじまいだが、学校を挙げて対応する形ができれば、多少は落ち着くだろう。
またバッグ作らなくちゃ・・・

練習中グランドに現れたヘビ(小)走るとかなり速い
ヘビ

学校にいたカタツムリ(大)子どもが絵に描いたみたい
カタツムリ

自宅に現れた葉っぱに見えるバッタ
葉っぱバッタ
オーブントースター購入(生活改善プロジェクトその2参照)以来、チーズを使ったトースト類数種類を毎日楽しみに食べていた。
元々パン好きな自分にとっては、何の問題もなかった。
ところが、である。
先月健康診断があり、その結果・・・「コレステロールが高い」
これは、派遣前の健康診断でも引っかかっており、相変わらず、ということ。
とはいっても、日本とは医療体制が全く違う。
自分の健康は自分で守らなくては。
こっちにきて、食べる量は減り、毎日身体を動かしているというのに、相変わらず、というのも少々気になる。
炭水化物にコーラばっかりなのも良いわけはない。
そこで、今度は「ホットプレート」と「プレッシャークッカー」を購入!
ホットプレートとプレッシャークッカー

これはそのままこっちの言葉として通じる言葉なのだが、要は電気コンロと圧力鍋である。
油は避けた方がいいとのことで、焼くのは当分おあずけ。
毎日ポトフ(のつもり・要は野菜スープ)を作っている。
ブツ切りにしたにんじん、大根、たまねぎなどを水にぶち込み、固形のブイヨンみたいなスープの素を入れて、ただ火を通すだけ。
野菜が激安(1kg50ルピー=50円とか)なのだが、冷蔵庫のない自分はいたませるのももったいないので、ごく少量を購入。
毎日数十円で野菜とパンをゲットし食生活を充実(と呼んでほしい)させている。
これはお気に入りのパン屋さん「ナショナルベーカリー」
ナショナルベーカリー

そんな矢先、大家のセーラシンハさん家族から差し入れ。なんとスイカでした!
今の時期が激安なんだそうで。1月上旬にスイカを食べました。
セーラシンハさん親子(父40歳・アヌッタラ♂11歳・エランディ♀5歳)
セーラシンハさん親子

ちなみに、最近PCで見れるマンガソフトをもらったので、その中のこれを読みながら、ポトフに少々固くなったパンを浸してかぶりつくのがお気に入り。
ホントにパンが食べたくなる(!?)すごいマンガかも。
「焼きたて!ジャぱん!」
焼きたて!!ジャぱん (1) (少年サンデーコミックス)焼きたて!!ジャぱん (1) (少年サンデーコミックス)
(2002/03/18)
橋口 たかし

商品詳細を見る

今回のスリーパーダ登山、登りのハードなルートは3人の隊員仲間と行ったのだが、そのうちのひとり、しょうちゃん(♂)はなんと!
ビーチサンダルで登ったのだ。
スリランカ人に聞いたら、それが一番だと言ったそうだ。
一番いい方法かどうかは別にして、スリランカ人は非常にビーチサンダルの着用率が高い。(推定60~70%)
1足180ルピー(約180円)で買える。
靴は3,000ルピー(約3,000円)とかする高級品なのだ。
ちなみに学校の先生の月収で18,000~20,000ルピー程度。
自分のチームの子たちも、靴が壊れるのが嫌なので素足でグランドで練習している。
自分もちょっと試してみたのだが、ビーチバレーの熱い砂の比ではない。
絶対日本人には無理である。
そんな状態なので、おそらく思い切り跳んだり走ったり止まったりできないでいるはず。
これはプレーが上達していくにつれ、大きな障害である。
ボールが少ない上に、靴もない。
それでも、汗だくになってトレーニングに励んでいる姿にはほんとに頭が下がり、自分もがんばらなくては、と思う。

こっちにきて知り合ったスリランカ代表の女子ジュニアチームの監督さんは日本人。
元学校の先生で、日本から大量にバレーシューズ、ボールを持ってきていた。
靴は学校指定の体育館シューズだったもので、みんな後ろに日本人の名前が入っていた。
「日本の靴は丈夫で壊れない」と評判で、そんな靴をこっちの子たちはみんな喜んで履いている。
そして、日本では使わなくなった白いボールや、ちょっと前に使っていた皮革の違うカラーボールなんかは、こっちでは非常に喜ばれている。
サイズや色など問題ではなく、あるだけで十分に喜ばれているのだ。
全国大会でもほとんど白いボールを使っていた。
自分が小さい子に教えるときなど、ボールを取り合ってケンカするのを戒めるのにかなりの時間を割いている。

この記事を見て、いらないボールや靴、送ってみようかな・・・なんて思ってくれる人がいてくれたらありがたいです。
ちなみにみかん箱程度、20kgのダンボールなら、郵便局から国際スピード郵便(EMS)で送るのがお手ごろ(約12,000円)です。
メール、コメントにてご一報いただければ幸いです。
大量であれば別の方法も紹介します。
大晦日から元旦にかけて、山に登った。
日本で言えば富士山でご来光を拝む感じ。隊員仲間が企画してくれる一大イベントである。
目指すはスリランカで2番目に高い山「スリーパーダ」
頂上には足跡があり・・・
仏教徒は仏陀が訪れたときに残したものと信じ、
ヒンドゥー教徒はシヴァ神のものと信じ、
イスラム教徒はアダムが地上に降りてきたときのものと信じ、
キリスト教徒はアダムが楽園から追放され地上に降りてきたときのものと信じている。
つまりは宗教の枠をこえた聖地として崇められているのだ。
多くのスリランカ人が訪れており、登山道も3時間程度の階段メインのものから、長距離山道のものまで、いくつかある。
自分は、隊員イベントとは少々趣向を変え、登りと下りで違うルートをとることに。
距離が長く登るのは大変(約7時間)だが、非常にきれいだとスリランカ人も絶賛するルートで登り、頂上で隊員仲間と合流。
帰りはグッと短時間(約3時間)で下れるルート(階段メイン)で下山というプラン。
一気に2ルートを制覇(片道ずつだが)しようと欲張ってみた。年に1回のことだし。

夕方6時に出発。
一応登りやすいように街灯が設置されているが、そこはスリランカ。
途中からしっかり停電に。しかも自分たちのルートのみ。
遠くに見える別ルートでは街灯がきれいに灯っている。
こっちの携帯電話はなぜか懐中電灯機能がついており、非常に重宝した。
登山なんかしたことのない自分は早々にバテバテ。
途中でいくつか休憩所を兼ねた売店があり、そこはまさに天国だった。
ちゃんと雨風をしのいで寝ることができる場所もあり、のんびり登るのもおもしろそうである。
売店では結構普通に紅茶やお菓子があり、お湯ももらえる。
一緒に登ったRちゃん「先輩隊員来訪」参照が持ってきてくれた日本のレトルトご飯、最高に美味かった。
スリーパーダ上り

山や森がきれいだと聞いてきたものの、真っ暗でほとんど見れず。
ただ、星だけはよく見え、流れ星もたくさん登場。
上に見えていた星空が、頂上間近になると横に見えてきたのは感動的だった。
登っている間はTシャツに長めのハーフパンツで汗だくだったが、高度1500mを越えてからの仮眠ではさすがにかなり寒かった。
「Tシャツ重ね着にウインドブレーカー+長ズボン2枚」という装備では北海道出身の自分にも結構きつく、寒さで目が覚める始末だった。仮眠に寝袋は必需品だ。

予定を大幅に遅れ、日の出間近の5時55分、頂上到着!歩くこと約12時間!
こういうこともあるかと、出国直前に買った高度計付時計でチェック。2,195メートルでした。
スリーパーダ高度

隊員仲間とも無事合流。
自分は「初日の出を見よう」なんて思ったことは今までの人生で一度もなく、生まれて初めて見た初日の出がスリランカ。
去年は退職(「仕事を辞めるということ」参照)退職直前の交通事故の処理(「レガシーの恩返し」参照)、その上引越しと、嘘のように忙しかった。
ただ、そんな感慨に浸っている暇はなかった。
先輩隊員から聞いていてどうしても見たかったものがあったのだ。
これのために登ったといっても言い過ぎではない。
なんと、初日の出の裏側には、スリーパーダの影が広がっているのである。
あまりの幻想的な眺めに、自分は初日の出もそこそこに、影ばかり見ていた。
スリーパーダ日の出
スリーパーダの影

去年は、自分のやりたいことのために一歩一歩進んでみたら、今までには想像もできなかった人生が始まった1年だった。
京都へ行きトワイライトエクスプレスに乗った。(「帰宅」参照)
イスタンブールにパスポートを忘れ、サフランボルまで送ってもらった。(「落とし穴」参照)
エーゲ海からアテネに向かい、パルテノン神殿を見た。(「高級リゾートチェシメ」参照)
駒ヶ根でやくざと呼ばれながらもいろいろなことを体験した。(「見送った人たち」参照)
そしてスリランカでのバレー生活。
初めての本格的(だと思う)登山。初めての初日の出。初めての異国での新年。
今年はどんなことが待っているんだろう?
いい年にできるかどうか、自分次第。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。