上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.10 一宿一飯
犬は一宿一飯の義理をわすれないとか。
事実でした。
今回デニヤーヤに里帰りすると、近所の犬・ティミ、ルビィが大はしゃぎ。
明らかに覚えていた。
その上、学校の野良犬たちまで、シッポを振って集まる始末。
口笛一つで昔のように寄って来る。
うれしいものです。

デニヤーヤの我が家では、愛犬シロ・ゴクウなき今、子猫を飼い始めていた。
猫には名前をつけない習慣らしいのだが、あえてクロと名付ける。
だって真っ黒なんだから。
おまけに、懐きまくってくれて毎晩一緒に寝てました…

ただ、クロはシロと同じくヤキモチやきで、ティミが来ると即臨戦体制。
ティミは温和なおばあちゃんなので、少々戸惑ってました。
次来る時まで、2匹とも長生きしろよ。
スポンサーサイト
2011.11.01 活動報告
遅ればせながら、帰国時に作成した活動報告のムービーを公開することにしました。
今後、里帰りが実現できれば、「へなちょこバレーボーラー リターンズ」(仮)の作成もありえるかもしれません。
少々長く、素人丸出しですが、見ていただけると幸いです。

2011.08.20 感動?その2
19日、決勝戦のテレビ中継がありました。
第1セットの1点目をとったところで、まさかの放送時間終了。
あまりのタイミングのよさにshu2からは「スリランカらしい」とのメールが。
ヒロりんも電話をくれ、明日以降の放送に期待しようと。
我慢しきれず、結果は電話で聞いてしまいましたが・・・

翌日、2次試験第一弾である堺市に向かい、到着後はりきってネットカフェへ直行。
放送スタートと同時に試合の模様が流れたのですが、なんと!ダイジェストで終了。
ほんの数分で終わって、当日分の生中継に切り替え・・・
ほかの試合は全部流したくせに・・・!!
結果は・・・
1セット目を落とし、残り3セットを連取、念願の優勝!!
電話で聞いたところによると、ジャンプサーブ打ってるとか・・・
(雑音と忘れかけているシンハラ語でうまく聞き取れず)
昨日唯一見れたプレーは、バックアタックでの得点。
今日のダイジェストでは、バックトスをセンターが回りこんで打っていた。
フットワークはスリランカらしさが抜けていないが、全体的な動きはいたってスムーズで、やきもきせずに見れる。
3セット目、4セット目は圧勝だったらしい。

隊員仲間が写真を送ってくれたり、ビデオを撮ってくれたり、メールやコメントも送ってくれたり、非常に盛り上がったらしい。
自分はというと、ネットでゆっくり見れると思っていたので少々がっかり。
でも、優勝したことは確か。
カウンターパート・スニルさん、「インタビューではKのこと話しておいたんだけど・・・」と残念そうにもらしていました。
いろんな人に支えられて活動してきたことが、帰国して1年以上たって、ひとつ実を結びました。
応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました。

チームが目標を達成してくれたことは、本当にうれしい限り。
ただ、その場面にいられないことへのやるせなさがどうしてもぬぐいきれない。
自分は、もう一度、子どもや仲間と力を合わせて何かを達成し、感動する場を求めているのだ。
そのためにも、まずは試験に合格すること。
明日から4日間、今度は自分ががんばって結果を出す番だ。
2011.07.19 感動
ちょこちょこ教え子やカウンターパートのスニルさん、大家さんのセーラシンハさんから電話がくる。
高額な国際電話料を考えると非常に心配なのだが、それ以上にうれしい限りである。
セーラシンハさんは自宅にネット回線を引き、メールのやり取りも可能になった。
そんなある日、またスニルさんから電話。やや早口で興奮気味。
よく聞くと・・・
「U-16のDSIトーナメント・決勝に残った!来月18日にテレビに出るよ!」

思えばすでに帰国から1年ちょい。
悲願の決勝・テレビ中継が実現する。
「自分がいなくなってからどうなるか。それが大事なんだ。」
今、それを遠いスリランカで、みんなが実現しようとしてくれている。
目標のスリランカ一まで、あと一勝。
もう自分にできることはない。
自分とやってきたことを生かして、みんながずっと努力してきたのだ。
きっといい結果が出るだろう。
もし出なくても、自分とやってきたこと、自分が帰ってからやってきたこと、それを生かしてまたがんばれる。
そんなみんなに、また会いに行こう。

ETSUさん、HITORI、DONちゃん、同名Kさんはじめ、ランカのみなさん。
スガタダーサスタジアムのオレンジコートでプレーするデニヤーヤの子たちを見てやってください。

===================================================
予定されている決勝は、教採2次試験スタートの日。
こんな偶然あるんだなぁ・・・
頼むから、1次通っててくれ・・・!!
===================================================

2010.07.22 大会結果
帰国後、半ネット難民となり2年分のマンガを読みまくりつつ、スリランカに電話で結果を聞く。
帰国後行われたU-12の4人制ミニバレーもしっかり州1位で通過。
予定通りU-12とU-16の女子2チームが全国大会に乗り込んだ。
結果は・・・!?
残念でした・・・
決勝まで進むことなく敗退。
U-16は、去年のオールアイランドトーナメントでも準々決勝で負けたチームに敗退。
なんと3,4人が体調を崩し、試合にならなかったそうで。
U--12は実力的には優勝を狙えそうなチームにフルセット負け。
周囲のうちに対する評価は高かったそうだ。
よくよく聞けば、なんと大会出発直前にはスニルさん自身が体調を崩し入院。
その間、まったく協力的でない校長が練習を見ていたらしい。
そして大会に行って子供が体調不良。
「おまえがいなくなったからだ!!」と冗談とも本気とも取れないことを言うスニルさん。
「いや、校長が練習見に来たからだ」との自分の言葉に二人で大笑い。
ただ・・・
「いつも通りやれれば、勝てないことはない。むしろ勝てる」
力強く話すスニルさん。
どうやらかなり手ごたえはあったようである。

まだまだチームはこれから。
これをバネにしてがんばってくれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。